【セルジオ越後】日本は先制されたら、終わり。収穫はゼロ。一歩も進んでいない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月09日

本気じゃないスイスに完敗。それが現実なんだ

西野体制で2試合を終えて、いまだ1ゴールも奪えずに連敗。結果を出せず、久しく西野監督の笑顔を見ていない気がするよ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 最後のテストマッチとなる次のパラグアイ戦は、メンバーを少しいじるようだけど、そうなると、初戦のコロンビア戦はある意味、ぶっつけ本番になるよね。その結果によっては、西野監督もまた頭を悩ますことになるだろうね。
 
 チームとして固まっていない。まだテストの段階。それが西野ジャパンの現状だ。やろうとしていることを、表現できている部分がないわけではないけど、明確なビジョンが浮かんでこない。
 
 昨年末のE-1選手権で韓国に惨敗(1-4)してから、日本はその後、マリ(1-1)、ウクライナ(1-2)、ガーナ(0-2)、そして今回のスイス戦と、一度も勝てていない。格上には“しっかり負ける”。そのスイスにしても、決して本気ではなかったよね。
 
 歩きながらボールを回しているぐらいで、ペースもそこまで上げていなかったし、本来の激しさもなかった。ギアを上げられたら、もっとやられていたかもしれないよ。日本はワールドカップモードで戦っていたと思うけど、スイスはそうじゃない。でも、結果は日本の完敗。それが現実なんだ。
 
 収穫なんて、ひとつもないね。一歩も進んでいない。頼りになるはずの長谷部も無駄なファウルが目に付いたりと、経験値のある選手が多いはずなのに、チームとしての成長がほとんど感じられないのは、どういうわけなのか。
 
 それにしても、西野監督は相変わらず表情が暗いね。久しく彼の笑顔を見ていないような気がするよ。
 
 僕だって、もちろん期待はしている。だけど今のままでは……。急きょ、発足した西野ジャパンが、一度も勝てないまま解散するような結末だけは避けたいね。
 
【関連記事】
「勝つ気あるのか!」「崩され方がウイイレ」スイス戦完敗の日本代表にファンから批判殺到!
「この日本戦はあまりにもイージー」スイス紙が母国代表を絶賛する一方で西野ジャパンを…
【日本0-2スイス|採点&寸評】本田はこの出来ではトップ下失格。唯一の及第点は…
「厳しい現実に直面!」「期待を裏切り続けている」英各紙がスイス戦完敗の日本代表を辛辣批評!
「日本はクラッシュした」「課題が山積み」不甲斐ない西野ジャパンを海外メディアが一刀両断!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ