【横浜】“偽ボランチ”にもなる守護神・飯倉大樹がエリアの外に飛び出す理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年04月13日

「『GK+10人』ではなく、“11人でサッカーができる”」

最後の砦としてゴールを守る飯倉は、常にチームの勝利を考えてプレーしている。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 何よりも、飯倉が重きを置いているのは“いかに失点しないか”より、“いかにチームが勝てるか”ではないだろうか。それは次のようなコメントからも推察できる。
 
「いつも言っているけど、今の自分のプレースタイルがもっと確立できれば、『GK+10人』ではなく、“11人でサッカーができる”。ボランチが落ちてきたりして、後ろに人数をかけるよりも、前に人数をかけた攻撃的なサッカーになる」
 
 後方から組み立てていく際、2枚のCBの間にボランチが下がってきてボールを動かすのは、ひとつのスタンダード。だが、GKが“偽ボランチ”としてその役割をこなせば、その分、天野純や扇原貴宏らボランチは高い位置を取ることができ、ミドルゾーンやその前のエリアで数的優位を作り、攻撃センスも兼備する彼らの良さも生かされる。
 
 思い切ったトライが裏目に出て、失点を喫し、試合にも敗れた昨季のアウェー磐田戦のワンプレーも印象に残る。
 
 1-1の状況で迎えた65分、味方からのバックパスが届くと、そのままダイレクトでクリアせず、右足で前に持ち出した。だが、コントロールしようとしたところをアダイウトンに奪われ、最後はゴール前にいた川又堅碁に決められた。
 
 バックパスのスピードと距離がやや足りず、「急いで出て行ったぶん、ボールが足元に入ってしまって、無理に蹴るのもリスクがあると思った」。
 
 クリアしなかった理由はもうひとつある。最後尾に構えながら、どうすればチームが勝利の確率を高められるかを考えた。
 
「流れを考えれば、無理するところではなかったかもしれないけど、無理するから逆にリズムを作れることもある」
 
 スタンスは一貫している。ブレがない。そして今季はニュースタイルにもチャレンジしている。
 
「今までにないGK像を示せていると思うから、これは続けていって、いろんな人が自分みたいな選手を目指してくれたら嬉しい」
 
 アンジェ・ポステコグルー監督の下で取り組むアタッキングフットボールの象徴的な存在として、守護神・飯倉はアグレッシブに戦い続ける。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ