御大ファーガソンとモウリーニョが激賞する新星ボランチがマンUに現る! 気になる実力は!?

カテゴリ:ワールド

田嶋コウスケ

2018年04月14日

イングランド代表を断り、母国スコットランドを選択。

イングランド代表のサウスゲート監督に説得されるも、3月のコスタリカ戦でスコットランド代表デビューを飾る。(C)Getty Images

画像を見る

 しかし、ここから文字通りの急成長を遂げる。わずか2年で身長が30cmも伸び190cmを超える偉丈夫になったのである。
 
 14-15シーズンの大半を棒に振る成長痛という代償は伴ったものの、屈強なフィジカルとダイナミズムを手に入れ、飛躍への土台が出来上がったのである。
 
 堂々たる体躯を活かした力強いボール奪取が最大の持ち味で、相手に身体をぶつけて強引に奪い取れば、長い足を伸ばしてからめ取る。奪った後の展開力もシンプルながら的確なパスで局面を前に進める非凡なものを持つ。
 
 長身でありながら俊敏性に優れ、ハードワークをまったく厭わない点も大きな魅力。経験が浅く、試合展開を読み取る戦術眼に改善の余地を残すとはいえ、
 
「なんでもこなすモダンなMFだ」とジョゼ・モウリーニョ監督が絶賛すれば、地元メディアは、「マイケル・キャリックの後継者」と大きな期待を寄せる。

 

 そんな成長株を巡り、火花を散らしたのがスコットランド代表とイングランド代表だ。前述のようにイングランド北西部のランカスター出身だが、両親と祖父母はスコットランド人で、どちらの代表資格も持っていたのだ。
 
 ワールドカップを控えたイングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が熱心に勧誘したものの、ルーツと出場機会を重視した本人は、最終的にスコットランド代表を選択。3月のコスタリカとの親善試合でデビューを飾った。
 
 2月にはこんなエピソードもあった。「ミュンヘンの悲劇」の追悼式典での出来事だ。アレックス・ファーガソン元監督がマクトミネイを指差し、「彼をもっと使うべきだ」とモウリーニョ監督に“進言”したのだ。
 
 かつてライアン・ギグスやポール・スコールズ、デイビッド・ベッカムを育て上げた御大も期待する逸材は、どこまで進化していくのか。ダイナミックに躍動するセントラルMFから、目が離せない。
 
文:田嶋コウスケ
 
※ワールドサッカーダイジェスト2018.4.19号より加筆・修正

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ