御大ファーガソンとモウリーニョが激賞する新星ボランチがマンUに現る! 気になる実力は!?

カテゴリ:ワールド

田嶋コウスケ

2018年04月14日

飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続ける21歳。

チェルシー戦やリバプール戦に先発出場するなど、2018年に入ってから主力メンバーとしてプレーするマクトミネイ。(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグで2位につける名門マンチェスター・Uにアカデミー出身の活きのいい若手が現われた。ジョゼ・モウリーニョ監督や御大アレックス・ファーガソン元監督も太鼓判の大型セントラルMFスコット・マクトミネイだ。
 
Scott McTOMINAY
スコット・マクトミネイ(マンチェスター・U/スコットランド代表)
●生年月日/1996年12月8日
●出身地/ランカスター(イングランド)
●身長・体重/193cm・88kg
●主要ポジション/セントラルMF
●A代表/1試合・0得点
●キャリアの転機/2年間で身長が30cm伸び、強靭なフィジカルを手に入れる(14~16年)

 
――◆――◆――
 
 マンチェスター・ユナイテッドの21歳、スコット・マクトミネイが飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 昨シーズンのアーセナル戦(36節)で途中出場し、念願のトップチームデビューを飾ると、最終節のクリスタル・パレス戦で先発フル出場。トップチームに帯同したサマーキャンプを経て迎えた今シーズン、大きな飛躍を遂げている。

 秋口から招集メンバーに定着し、グループステージ4節のベンフィカ戦でチャンピオンズ・リーグ初先発。その後も、チェルシー戦(28節)、リバプール戦(30節)とビッグマッチで先発に抜擢されるなど、ポール・ポグバやネマニャ・マティッチら実力者揃いのセントラルMFで、着実に出番を増やしている。

 

 マンチェスターから北へ85kmほどのランカスター生まれ。5歳でマンチェスター・Uの下部組織に入団し、当初はCFでプレー。中盤にコンバートされたのはU-16チームの時で、トップ下としてパスやドリブルの技を磨いた。この当時にポジションを争ったのが、マーカス・ラッシュフォードだった。
 
「お互いに切磋琢磨したよ。その後、マーカスは前線に、僕は中盤の底にポジションを移したんだ」
 
 本人はそう述懐する。

 ただ、将来の見通しは、それほど明るくはなかった。というのも、致命的とも言える弱点があったからだ。18歳になっても身長は163cmほどで、その体格的なハンデが影を落としていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ