【松木安太郎】遅すぎた監督交代…日本サッカー協会の見通しの甘さは否めないけど、もう腹をくくるしかないね

カテゴリ:Jリーグ

松木安太郎

2018年04月09日

こうなった以上は選手の刺激になって良い方向に進むのを見守るしかない

 そこでチームを作ろうと思ったら、まずは選手の特長を活かす形になる可能性が高い。方向性も含めて、選手の意見を吸い上げるやり方だ。そうなると、どうしても選手任せになる部分が出てくるから、監督と選手の立場が近くなり過ぎて、正常な力関係が働かなくなる危険性もあるよ。西野監督がどんな手法を取るのか。手綱さばきには注目だ。
 
 個人的な感想を言わせてもらえれば、今の日本が世界と戦うためには、中盤の厚みが絶対に必要だと思う。ベルギー遠征でも中盤が機能せずに相手に主導権を握られていたからね。経験が豊富な西野監督のことだから、そこは自分の判断で変えていけるはずだ。
 
 監督が変わればメンバーも変わるし、戦術もガラッと変わる。もっとも、誰が監督をやるにしても、今の代表チームの軸になる選手は見えているよね。精神的な面も含めてチームを引っ張る長谷部がいて、最終ラインには吉田、前線には大迫がいる。そこにクラブで好調な選手を集めて肉付けしていけばいい。
 
 もちろん、サプライズ的な選手の抜擢は考えられる。しばらく代表から離れている香川や岡崎あたりの気持ちも変わって来るだろう。次の5月30日の試合に誰が選ばれるかは楽しみだ。
 
 監督交代のタイミングは遅すぎたと思うけど、こうなった以上は選手の刺激になって良い方向に進むのを見守るしかない。選手も監督も腹を括っているはずだ。我々も全力で応援するから、とにかく一丸となれるようなチームを作ってほしいね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ