【松木安太郎】遅すぎた監督交代…日本サッカー協会の見通しの甘さは否めないけど、もう腹をくくるしかないね

カテゴリ:Jリーグ

松木安太郎

2018年04月09日

ハリルホジッチ監督とすれば、いきなり解任を言い渡されたような印象を受けたかもしれない。

7日付で日本代表監督を解任されたハリルホジッチ。本人もショックを受けただろう。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 このタイミングでの解任は正直、びっくりしたよ。ハリルジャパンが問題を抱えていたのは事実だけど、ワールドカップまで2か月しかないからね。次の監督にバトンを渡しても、準備する時間があまりに短い。監督を代えるなら、もうちょっと早い段階だったというのが率直な感想だ。
 
 実際に、もっと前に監督を代えるタイミングはあったと思う。昨年9月の最終予選・サウジアラビア戦で負けた時や11月にブラジルとベルギーに2連敗した時。E-1選手権で韓国に1-4で負けた時もそうだね。
 
 それに、もしも以前から監督交代という選択肢が浮かんでいたのであれば、3月のベルギー遠征の内容にも疑問符が付く。あそこでハリルホジッチ監督にノルマを課していれば、また違った結果が出ていたかもしれないからね。
 
 あの2試合のハリルホジッチ監督の采配を見る限り、勝ちにこだわった様子はなかった。それよりも、テストに当てていた雰囲気だったよね。強化部と監督の間でどんなコミュニケーションを取っていたのかは分からないけど……ハリルホジッチ監督とすれば、いきなり解任を言い渡されたような印象を受けたかもしれない。驚いたと思うよ。
 
 今までの日本の歴史を振り返ると、ワールドカップ毎に強化方針が変わっているイメージがあるよね。2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、手堅く守備を固めて一発を狙うサッカーだったけど、2014年のブラジル・ワールドカップは「自分たちのサッカー」といってポゼッションに舵を切った。そして今回のロシア・ワールドカップに向けては、「縦に速い」や「デュエル」を重視した堅守速攻で来ている。4年周期で強化方針が変わって、上手く蓄積を活かせていないんだ。
 
 日本はベスト8以上という目標を掲げて準備してきたにも関わらず、今回はまさかの大会直前での監督交代。要は上手くいかなかったわけだから、プランニングの甘さは否めないよ。今まで過ごしてきた期間はもったいなかったと感じるね。
 
 後任の西野朗監督は、チームを一番近くで見てきたという意味で、ベターな人選だろう。逆に言えば、このタイミングで監督を代えるのなら、協会内部からしか選べなかったのかもしれない。
 
 ただ、近くで見てきたといっても、2か月という短期間で戦術を浸透させるのは相当にハードルが高い。ワールドカップまでのテストマッチは、あと3試合しかないし、登録メンバーの締め切りまでとなると、5月30日のガーナ戦しかないんだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ