ハリル解任に韓国メディアも反応!「3連敗の可能性が高まった」「決定的だったのはスポンサーの不満」

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2018年04月09日

「TVの視聴率が低下」し、解任を避けられなくなったとの報道も

ハリルホジッチ監督の哲学は「日本に根付かなかった」と報じたメディアもあった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ロシア・ワールドカップ開幕を約2か月後に控えた9日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が日本代表のハリルホジッチ監督を解任すると発表した。
 
 このニュースは、韓国でも報じられている。
「日本、ワールドカップを2か月後に控えてハリルホジッチ監督を電撃解任」(『韓国日報』)
「日本代表、“ハリルホジッチ監督”更迭……ワールドカップを目前に超強手」(『SBS SPORTS』)
「シン・テヨン監督率いる韓国に1-4で惨敗した日本のハリルホジッチ監督、結局解任される」(『スポーツ・ソウル』)
 といった具合だが、特に解任の理由について注目するメディアが多い印象だ。
 
 解任の理由としてロシア・ワールドカップ予選後の成績不振を挙げたのは、『スポーツ朝鮮』だ。周知の通り、ハリルジャパンはロシア行きが決まった後の欧州遠征で1勝もできていない。

 同メディアは「日本、ワールドカップを2か月後に控えてハリルホジッチ監督を電撃更迭、なぜ?」と見出しを打った記事で、日本の成績不振の要因は、ハリルホジッチ監督が就任当初から展開してきた“縦に速いサッカー”にあると分析。「結局、ハリルホジッチ監督の哲学は日本に根を下ろすことができなかった」としながら、「(今回の解任は)こつこつと試合の流れを掴んでいく日本のスタイルに戻るという意味だろう」と伝えた。
 
「日本サッカー協会、ハリルホジッチ監督を更迭する3つの理由」と報じたのは、『OSEN』だ。同記事では、解任の理由として「成績不振」「代表選手から不満が続出したこと」「スポンサーの不満」の3つを挙げ、そのなかでもスポンサーの不満が積もったことが「決定的だった」と紹介している。また同記事は、「ハリルジャパンの成績が転げ落ちるように急落したことによってTVの視聴率が低下」し、解任を避けられなくなったとした。
  
 サポーターの不満を解任の理由に挙げるメディアもあった。『スポーツ東亜』は、ハリルジャパンが先月、マリとウクライナを相手に1分1敗でベルギー遠征を終えたことを例に挙げ、「(ハリルジャパンは)ファンの期待に応えることができなかった」としている。
 
 今回の解任が日本のロシア・ワールドカップの成績に与える影響を分析したのは『SPORTSQ』だ。「ハリルホジッチ監督解任の日本サッカー、“いきなり好転”もしくは“3敗脱落”の分かれ道」とした記事では、これまでもハリルホジッチ監督の解任説が浮上してきたことを根拠に、前もって代役を準備していた可能性もあるとして、「災い転じて福となすこともあり得なくはない」と展望した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ