W杯 主砲ファルカオが登録外 コロンビア代表が失ったものとは

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年06月03日

健全なエゴイズムを備える一方で献身性も。

もっとも完成度が高いストライカーと、分析者のロッシ氏も絶賛するファルカオの不在は、コロンビアにとって大きな痛手だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 常にゴールを狙ってプレーする生粋の点取り屋なので、基本的にはオフサイドライン上でディフェンダーと駆け引きしながら、裏への飛び出しを図ろうとする。ただ、プレーの展開によっては、敵の2ライン(DFとMF)間に引くポストプレーを試みる。ディフェンダーを背負っていれば質の高いポストプレーで味方に落とし、スペースがあれば素早いターンで前を向いて、コンビネーションや1対1での突破、あるいはアシストやシュートを狙う。
 
 横方向はペナルティーエリアの幅の中でプレーし、タッチライン際には滅多に出ない。それでも得意とするレパートリーのひとつに、エリア角のゾーンからインフロントにかけてファーポスト際を狙うシュートがある。この形のゴールは右足でも左足でも奪っている。
 
 ストライカーには不可欠の“健全なエゴイズム”を備える一方で、ポストプレーやアシスト、あるいは守備参加によるチームプレーを厭わない献身的な側面を持っている。時折無理なポジションから強引なシュートを放つのは、他に有効な選択肢が見当たらないケースがほとんどだ。センターフォワードに求められるクオリティーをこれだけ高いレベルで満遍なく備えているストライカーは、他に見当たらない。現役プロ選手では、もっとも完成度が高いと言ってもいいだろう。
 
 スピードがあるのでゴールから離れてもプレーできるが、持ち味を最大限に発揮するのはやはりペナルティーエリア内でだ。その意味では、引いて守りを固めるカウンター志向のチームよりも、全体を押し上げて主導権を握り、敵陣でプレーするタイプのチームが、ファルカオのクオリティーをより引き出せるだろう。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
 
【ロベルト・ロッシ】
1962年3月16日生まれのイタリア人監督。現役時代はMFで、元イタリア代表監督のアリーゴ・サッキや現日本代表監督のアルベルト・ザッケローニに師事。99年に引退し、01-08年はインテルなどでザッケローニのスタッフ(コーチ兼スカウト)。その後は下部リーグで監督を務め、現在はLP2(4部)のフォルリを率いる。
【関連記事】
ブラジルW杯 日本戦の開催都市を巡る|クイアバ(6.24コロンビア戦)
【スタイル分析】スピーディーなサイドアタックで攻撃を加速|コロンビア
【移籍市場超速報】ヴォルフスブルク コロンビア代表のグアリン獲得をインテルに打診
日本代表 対 コスタリカ戦|週刊サッカーダイジェストの採点・寸評
日本代表対コスタリカ戦|スピード豊かなドリブルから香川が逆転弾

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ