移り変わる欧州クラブの勢力分布――今シーズンはスペインが完全制覇

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年05月22日

80年代後半から始まったイタリアによる欧州カップの席巻。

80年代後半から90年代半ばまでミラン(写真)がCL決勝の常連となり、これをユベントスが引き継いだ。当時のイタリア勢の強さは群を抜いていた。 (C) Getty Images

画像を見る

 87-88シーズンにPSVがチャンピオンズ・カップを初制覇し、アヤックスがカップウィナーズ・カップで2年連続の決勝進出を果たすなど(前シーズンは優勝、このシーズンは準優勝)オランダ勢が台頭し、シーズン後の代表チームによる欧州選手権優勝にもつながっていったが、翌シーズンからは本格的にイタリア勢による席巻が始まった。
 
 88-89シーズンはミランがオランダトリオなどの活躍で20年ぶりに欧州の頂点に立つと、UEFAカップではディエゴ・マラドーナのナポリが初戴冠。ちなみにカップウィナーズ・カップでも、バルセロナに敗れたものの、サンプドリアが決勝進出を果たしている。
 
 そして記録に残るシーズンとなったのが、翌89-90シーズンだ。自国でのワールドカップをシーズン後に控えて、イタリア勢が3大カップを独占する。チャンピオンズ・カップはミランの連覇、UEFAカップはユベントス、カップウィナーズ・カップはサンプドリア。ちなみにUEFAカップの決勝は、ユベントスとフィオレンティーナの同国対決だった。
 
 92-93シーズンはUEFAカップをユベントスが連覇、カップウィナーズ・カップをパルマが制するも、チャンピオンズ・リーグ(このシーズンより名称変更)ではミランがマルセイユの軍門に降る。しかし、後にマルセイユは国内リーグでの八百長が発覚したことで、年末のインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)には、ミランが出場した。
 
 翌93-94シーズンはミランが欧州王者の座を奪還し、UEFAカップはインテル、カップウィナーズ・カップはパルマが決勝進出(優勝はアーセナル)。94-95シーズンはミランがアヤックスに敗れてCL連覇を逃すも、UEFAカップではパルマとユベントスの同国対決の末に前者がタイトルを手にした。同様のパターンが97-98シーズンで再現され、CL決勝でユベントスがレアル・マドリーに敗北、UEFAカップではロナウド擁するインテルがラツィオを下している。
 
 カップウィナーズ・カップは98-99シーズンをもってUEFAカップに統合される形で消滅したが、最後の勝者となったのはラツィオ。そしてこのシーズン、UEFAカップでパルマが優勝を飾るも、CLではユベントスが神がかったマンチェスター・ユナイテッドに準決勝で敗れ去った。
 
 ちなみにイタリア勢隆盛の90年代、96-97シーズンにはドルトムントが好調ユベントスを下すサプライズで初欧州制覇を果たし、UEFAカップではシャルケがインテルをPKの末に下して優勝。カルチョの色に染められた欧州クラブシーンに、鮮やかな異色の彩りを加えた。
【関連記事】
『WSD』のウェブ放談「専門誌編集部が見たCL準決勝」アトレティコ対チェルシー
【CLプレーバック】ジダンの歴史的美技弾がもたらしたR・マドリー最後の欧州制覇
ヨーロッパリーグ決勝で描かれた両チームの残酷なコントラスト
【番記者通信】「デシマ」が遠ざけたリーガの覇権|R・マドリー
【移籍市場超速報】最大の注目株ジエゴ・コスタの残留にA.マドリー動く
『WSD』のウェブ放談「専門誌編集部が見たCL準決勝」R・マドリー対バイエルン

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ