スペインは”崩しの公式”を作っている。”守破離”という言葉がある日本にもできるはずだ【浜田満×岩政大樹#4】

カテゴリ:連載・コラム

岩政大樹

2017年12月28日

日本サッカーが発展するためには、プレーモデルが必要だ。

魅力的な攻撃サッカーを披露し続けるスペイン代表。基本の型があるから応用も効くのだという。(C)Getty Images

画像を見る

岩政 なるほど、利用者の心理から考えるから、浜田さんの事業は上手くいくんでしょうね。
 
浜田 ビジネスは、そうしないと上手くいかないと思います。我々の事業で成功したものは全部、保護者の要望を受けて作ったものですから。
 
岩政 求められると「何とかしてやろう」となるわけですね。
 
浜田 ただ、それが無理難題だったりするんです。予算が合わないとか、だいたい最初は上手くいかない。そこから試して改良してを繰り返していくと、最終的にそれなりのものができてくる。上手く回りだすと、他の人も「私もこれが欲しいと思っていた」となるんですよ。
 
岩政 まずやってみることが大事なんですね。サッカーと一緒かもしれません。では、これから日本サッカーが発展していくためには、何が必要だと思いますか。
 
浜田 やっぱり、日本サッカーのプレーモデルをきっちり作ることだと思います。攻めている時にどうする、守る時にどうする、攻撃から守備、守備から攻撃に変わった時にどうするとか、しっかり型を作る。それを運用していくうちに上手くいかないことがでてくるので、次の人が改善してブラッシュアップしていく。そこからですよね。今はまだ型を作るのが良いかどうかの議論だと思うので。
 
岩政 日本には柔道や剣道といった武道で型がありますし、体系化できる能力は持っているはずです。

浜田 そう。できるはずなんです。最近、スペインのひとたちは、崩しの公式を作っていますよ。極論すれば、公式があると周りを確認しなくてもプレーできてしまう。自由の国スペインがそんなことやるの? と思うんですがね(笑)。
 
岩政 そこが面白いですよね。
 
浜田 スペイン人はよく「まったく同じ相手でも、日本のサッカーはたまたま上手くいったら3-0で勝ち、たまたま上手くいかなかったら0-3で負ける」と言います。要はロジックがない、と。
 
岩政 日本人はサッカーにもロジックが必要なんだと気付いていないのかもしれません。
 
浜田 ファンタジーに溢れるサッカーが良いという風潮は、やっぱりありますよね。スペインはオランダの規律を取り入れつつ、中身を自由にしたから上手く回った。日本はまだ1から10まで全部言われないと動けない。それをどう変えるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ