• トップ
  • ニュース一覧
  • フランスで高評価を得る酒井宏樹 「守備が全くできない状態」の日本代表DFはなぜ飛躍的に進歩したのか?

フランスで高評価を得る酒井宏樹 「守備が全くできない状態」の日本代表DFはなぜ飛躍的に進歩したのか?

カテゴリ:海外日本人

鈴木潤

2017年12月24日

「ネイマールが退場したのも、俺らがあいつに対して相当激しく行ったから」

11月のブラジル戦では、チームは完敗を喫したものの酒井宏は安定した守備を見せていた。(C) Getty Images

画像を見る

 ネイマールをはじめ、キリアン・エムバペ、ナビル・ファキル、メンフィス・デパイといったリーグ・アンのステージで輝きを放つアタッカーたち。彼らとのマッチアップで必要なことを酒井は次のように述べる。
 
「怪我をさせるわけではないですけど、相手が嫌がる守備をしなければいけない。相手がボールを持っている時に激しく行くだけじゃなくて、意味のないところで相手に身体を当てたりとか。そんなのこっちはいっぱいありますからね。マルセイユとパリの試合でネイマールが退場したのも、俺らはあいつに対して相当激しく行ったからです。それも戦術ですし、それもディフェンスなんです。“攻撃的なディフェンス”というのかな」
 
 酒井の守備能力が飛躍的に伸びた一因として、マルセイユでの“攻撃的なディフェンス”の体得が挙げられる。これは間違いなく来年6月のワールドカップでもプラスに働くはずで、さらに日本が“攻撃的なディフェンス”を徹底できれば、ハメス・ロドリゲス、ラメダル・ファルカオら強烈なアタッカーを擁する初戦のコロンビア相手にも「勝機はある」というのが酒井の考えだ。決して引き分け狙いではなく、あくまで「勝ちに行く」と酒井は力強い言葉を発した。
 
 28歳で迎えるロシア・ワールドカップを「俺にとっての集大成」と位置付けるとあって、並々ならぬ意気込みを抱く。マルセイユのみならず、フランス国内でも高い評価を得た男は、来年のロシアで爪痕を残せるか。

取材・文●鈴木 潤(フリージャーナリスト)

2011年のクラブワールドカップでは、当時柏に所属していた酒井宏とサントスに所属していたネイマールが再三1対1で渡り合った。(C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
ポドルスキが独紙で日本サッカーへ辛辣提言! 「Jリーグはどこに行きたいのか」「日本代表も停滞している」
レスターがラストプレーで追いつきマンUと劇的ドロー! 岡崎は途中出場でスタンドを沸かす
【柏】伊東純也は不完全燃焼の途中交代… 指揮官は「個人プレーに走っているようにも」
酒井宏樹が感じたチームの成長。その背景にブラジル戦あり
【クラシコ採点&寸評】MOMは1ゴール・1アシストのメッシ! 最低点は一発レッドのあのDFに

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ