酒井宏樹が感じたチームの成長。その背景にブラジル戦あり

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月15日

ベルギー戦のハーフタイムに飛び交ったポジティブな声。

酒井宏は果敢な攻め上がりと堅実な守備でチームを支えた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)

 欧州遠征ラストマッチとなったベルギー戦。日本代表は1-3で敗れた10日のブラジル戦と異なり、アグレッシブな戦いぶりを見せた。高い位置でボールを奪うと、相手のプレッシャーをかわしながらゴール前に侵入。守っても最終局面で身体を張り、懸命に要所を抑えた。最終的には0-1で敗れたが、決定機さえ決めていれば、結果はどうなっていたか分からなかったと言えるだろう。
 
 僅かな期間でも成長の跡を示した日本代表。その手応えの裏にはブラジル戦の経験が生きていた。

「みんな、ブラジル戦で衝撃を受けてショックだった。でも、試合内容も前半あれだけプレッシャーに慣れなくて、バタバタしたミスが続いたのにも関わらず、後半は相手のモチベーションが下がったとはいえ、ベンチの選手もトップチームでスタメンを張っているような選手たちと戦い、プレッシャーに慣れた。今日のベルギー戦も少しずつ慣れながらやれた」(酒井宏)
 
 その体験談が反映されたベルギー戦のハーフタイムには、前向きな言葉が飛び交っていたと酒井宏は言う。「やれば出来るという収穫を得て、自信を掴んだ。前半が終わってみんなからポジティブな言葉がかなり出ていた。『まだまだ行けるとか』。本当に手応えは得た」ことで言動にも変化が見られ、ブラジル戦とは見違えるようなパフォーマンスを披露した。
 
 強豪国を相手に2連敗を喫した事実は変わらない。勝つためには決め切る力を身に付ける必要があり、「次に(代表選手が全員集まるのは)3月になるので、それまでは個人でやるしかないし、与えられた場所でどれだけ上を目指すか」(酒井)。ベルギー戦で手応えを掴んだ酒井宏と日本代表の選手たちは、それぞれのクラブで研鑽を重ねる。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ