• トップ
  • ニュース一覧
  • Xmasパーティー中止で強化合宿敢行のミラン、監督交代で好転しなかったセリエA唯一のクラブに?

Xmasパーティー中止で強化合宿敢行のミラン、監督交代で好転しなかったセリエA唯一のクラブに?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月19日

明るいニュースのないミランは合宿を決断。

魂のCBボヌッチを中心にチームを今一度、団結させることが今後の上昇に繋がるはずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 しかし、ミランだけは、監督を代えてからも明るいニュースが届いていない。
 
 ヴィンチェンツォ・モンテッラ時代は平均勝点1.42だったが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督になってからのセリエA3試合でも、4ポイントしか積み上げられず、平均勝点は1.33に落ちている。前節に至っては、19位と低迷するヴェローナに3失点して完敗(0-3)した。
 
 選手たちの不甲斐ない姿勢にガットゥーゾ監督は辞任を申し出たものの、クラブがこれを認めなかったという内部に関する問題も、メディアの見出しを飾っている。イタリア・メディア『ANSA』は、一連の報道をクラブが「まったくのデタラメ」と否定したと伝えているが、不穏な空気に満ちていることは否めない。
 
 ミランは、現地時間12月18日に予定していた恒例のクリスマスパーティーをキャンセル。19日からミラネッロにて強化合宿を始めると発表した。期間は無期限とされているが、Gazzetta dello Sport紙は、「12月23日のアタランタ戦(18節)までの見込み」と報じている。
 
 監督交代後も、負の連鎖を断ち切れずにいるミラン。はたして、前半戦最終戦となる一戦に勝利し、清々しく2017年を終えられるだろうか。 
 
【関連記事】
イブラから病と闘う子どもたちへメッセージ「人生にはフットボールより大切なことがある」「ありがとう」
現役引退発表のカカ、セカンドキャリアは寵愛する古巣で? 「向こうから提案があった」
英国人記者が考えるJリーグの未来「競争力をアップさせるためにスーパースターを…」
なぜマンCはプレミアリーグを独走しているのか? 躍進の鍵は“個”の成長にあり
最低でも10年? マンチェスター・シティは“グアルディオラ王朝”の構築をめざす

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ