最低でも10年? マンチェスター・シティは“グアルディオラ王朝”の構築をめざす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月19日

ファーガソンと肩を並べるほどの長期政権を。

バルサ時代の4年目の失敗から、同じクラブを率いるのは「最大3年」だと悟ったペップだが、マンCで長期政権を築くことになるのだろうか。(C)Getty Images

画像を見る

 世界の名だたる選手や指揮官がひしめくプレミアリーグで唯一無敗を保ち、18節を終えて2位に勝点11差の首位と、圧倒的な強さを見せているのだから、マンチェスター・シティの首脳陣がジョゼップ・グアルディオラ監督を高く評価するのは当然のことだ。

 英『BBC』や『The Guardian』紙、『The Daily Telegraph』紙によると、マンチェスター・Cのフロントは今シーズン終了後、指揮官と契約延長について話し合う予定だという。同じ街のライバルクラブがかつて敷いていたように、グアルディオラ監督に長期政権を委ねる考えのようだ。

 鳴り物入りでプレミアリーグに初挑戦した昨シーズン、グアルディオラ監督はプレミアリーグを3位で終えた。チャンピオンズ・リーグ(CL)ではベスト16敗退。リーグカップは4回戦で敗れ、FAカップは準決勝で姿を消し、指導者としてのキャリアでは初となる無冠に終わった。

 しかし、今シーズンはプレミアで17勝1分けと断トツの数字を残しており、CLもグループステージを首位で通過。リーグカップもベスト8に駒を進めている。

 この好調を受け、クラブはシーズン終了後に2019年までとなっているグアルディオラ監督との契約の延長をめざすという。しかも、マンチェスター・ユナイテッドを27年も指揮したアレックス・ファーガソンのような“王朝”を築かせるのが狙いだ。

 まだ就任2年目だけに、ファーガソンと肩を並べるほどの長期政権を築けるかどうかは微妙なところだが、『The Guardian』紙によると、マンチェスター・Cは、少なくとも今後10年は、グアルディオラ監督が現在のポストに留まってくれると考えているという。

 しかし、グアルディオラ監督は自身のルーツであるバルセロナで黄金期を築きながらも、4シーズンで指揮官の座を離れた。バイエルンを率いたのは3シーズンだ。

 バルサ時代からの指揮官の盟友であるチキ・ベギリスタインやフェラン・ソリアーノを幹部に置くマンチェスター・Cは、グアルディオラ監督を長期に渡ってクラブに引き留めることができるのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ