• トップ
  • ニュース一覧
  • Xmasパーティー中止で強化合宿敢行のミラン、監督交代で好転しなかったセリエA唯一のクラブに?

Xmasパーティー中止で強化合宿敢行のミラン、監督交代で好転しなかったセリエA唯一のクラブに?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月19日

ウディネーゼやサッスオーロが“勝ち組”となった一方で……。

ミランの再建を託されたガットゥーゾ。現役時代にもロッソネーロに心血を注いだ闘犬は現状をどう捉えているのか? (C) Getty Images

画像を見る

 不振に陥ったチームを立て直したいクラブにとって、監督交代は最後の切り札だ。今シーズンのセリエAで指揮官の首をすげ替えたクラブはこれまで、そのショック療法の恩恵を受け、改善の兆しを見せている。唯一、ミランを除いて――。
 
 今シーズン、セリエAでは、7クラブが監督交代に踏み切った。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、その路線変更で最も成功したのはウディネーゼだとしている。
 
 11月21日に前任のルイジ・デルネーリから指揮権を受け継いだマッシモ・オッドは、初陣のナポリ戦こそ黒星を喫したが、その後はセリエA3連勝。前節は今シーズン無敗のインテルに敵地で、土をつけている。さらにコッパ・イタリアでは2部のペルージャから88ゴールを奪って圧勝している。
 
 同時期にクリスティアン・ブッキに見切りをつけ、ジュゼッペ・イアキーニを招聘したサッスオーロも“勝ち組”だ。初陣のフィオレンティーナ戦は落としたが、その後は2連勝。前節はユベントスやミランも敗れたサンプドリアの本拠地ルイジ・フェラーリスで白星を手にした。
 
 今シーズンのセリエAで初めて監督交代に動いたカリアリも、10月にマッシモ・ラステッリからディエゴ・ロペスに交代してから最初の5試合で、3勝をマーク。以降は、4試合で2分け2敗と停滞しているが、降格圏とは勝点3差の14位に位置している。
 
 イバン・ユリッチを解任してダビデ・バッラルディーニを招いたジェノアは、降格圏の18位スパルと同勝点ではあるものの、11月6日の監督交代から5試合で2勝2分け1敗。2つの白星はいずれもアウェーで挙げたもので、引き分けた相手は、いずれも格上のローマとフィオレンティーナだ。
 
 そのほか、ダビデ・ニコーラの辞任に揺れたクロトーネは、後任のワルテル・ゼンガが1勝1敗と踏ん張りを見せ、最下位ベネベントもいまだ白星を挙げられていないが、ロベルト・デ・ゼルビになって初の勝点を、守護神の劇的同点弾が話題となった15節のミラン戦で手にしている。
 
【関連記事】
イブラから病と闘う子どもたちへメッセージ「人生にはフットボールより大切なことがある」「ありがとう」
現役引退発表のカカ、セカンドキャリアは寵愛する古巣で? 「向こうから提案があった」
英国人記者が考えるJリーグの未来「競争力をアップさせるためにスーパースターを…」
なぜマンCはプレミアリーグを独走しているのか? 躍進の鍵は“個”の成長にあり
最低でも10年? マンチェスター・シティは“グアルディオラ王朝”の構築をめざす

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ