【コラム】日韓戦の惨敗劇は「監督のせい」じゃないのか?

カテゴリ:日本代表

加部 究

2017年12月17日

指揮官は会見の最後に言った。

国内組にとってW杯メンバー入りを懸けた最後のテストの場とされたE-1選手権。その最終戦で思わぬ結果となってしまった。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 アマチュア時代の日韓戦は、日本が韓国のフィジカルにねじ伏せられることが多かった。一方でプロの時代が訪れると、韓国の選手たちが日本のテクニカルなスタイルに憧れ、Jリーグに参戦するようになる。裏返せば、日本はテクニックと創造性を活かした攻撃で、韓国にフィジカル重視で戦うことの限界を示唆したという見方もできる。
 
 確かに両国ともに国内組を中心に編成したE-1選手権では、韓国が完勝した。しかしACLの両国クラブの成績を見れば、逆にJクラブがKクラブを凌駕している。Jリーグ勢は3チームがグループリーグを突破し、準々決勝で川崎を大逆転した浦和が優勝したが、Kリーグでは浦和に敗れた済州ユナイテッドのベスト16が最高だった。
 
 もちろん韓国人選手の力を借りているJクラブもあるが、日本を代表するJクラブはいずれもハリルジャパンのようには戦っていない。強豪との対戦が続いた浦和が、堅守のためにデュエルの意識を高めたが、ゲーム支配を放棄し、偶発性に頼る裏へのロングフィードに依存するようなチームは見かけない。むしろ過剰にリスクとパスワークを回避するスタイルは、独断で日本の歴史を捻じ曲げている印象で、ハリルホジッチ監督からは日本の弱点についての指摘は繰り返されても、長所や何を武器に世界に挑むかについての言及はない。
 
 ワールドカップは結果がすべてだと言い切る現場関係者は多いが、本当にそうだろうか。韓国にお手上げのハリルホジッチ監督が、ワールドカップで結果を出す術を持ち合せているとは思えないが、もしこのサッカーで惨敗すれば未来に継承されるものは何もない。
 
 指揮官は会見の最後に言った。
「韓国の方が全ての面で勝っていた。それでも監督のせいで負けたというなら、そういう記事を書けばいい」
 戦術も選手も選択したのは監督だ。逆に他に敗因があるのだろうか。
 おそらく現体制を継続する限り、ロシアでも同じセリフを聞くことになる。
 
取材・文●加部 究(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ