【韓国戦|戦評】まさかのサンドバック状態。ハリルは勝つ気があったのか

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2017年12月17日

よく4失点で済んだというゲームだった

采配に疑問が残ったハリルホジッチ監督。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

[E-1サッカー選手権]日本1-4韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 試合前は、まさかここまで完膚なきまでに叩きのめされるとは思わなかった。北朝鮮と中国に連勝して、この流れなら韓国にも勝てるかもと期待を抱いていたが、結果は1-4の惨敗。ことごとくデュエルを制し、攻守ともに日本を圧倒した韓国のファイティングスピリットを褒めるしかない。
 
 日本は受け身に回ったというより、回らざるを得なかった。実際、昌子が「おそらく皆さんが思っている以上に韓国の寄せはめちゃめちゃ早かった」とコメントしているように、日本は韓国の猛烈なプレスに対して手も足も出なかったのだ。
 
 韓国の気迫に怖気づくようにチームの重心がグッと下がると、もはや日本はサンドバック状態になる。事実、シュート数は日本が5本で、韓国は16本。今振り返れば、よく4失点で済んだというゲームだった。
 
 これほど希望が持てない試合も珍しいが、ゲームを停滞させた原因のひとつはヴァイッド・ハリルホジッチ監督の采配にあった。1-3と突き放されて最初の45分間を終えて後半になにか修正してくるかと思いきや、ピッチに送り出した11人は前半と同じ顔ぶれだった。
 
 前半だけであれだけ崩されたチームに何も手を加えないのか、ハリルホジッチ監督のスタンスには明らかに疑問符が付いた。勝つ気はあったのか、と。
 
 ある意味、今回の韓国戦は内容云々より結果が求められていた。飛躍しすぎかもしれないが、ワールドカップ本大会と同じようなシチュエーションである。にもかかわらず、優勝がかかった、もっとも重要な韓国戦で終始低調なパフォーマンスだったのだ。これは、ロシア・ワールドカップでの惨敗を暗示するものではないのか。
 
 ここぞという時に力を発揮できない。これはワールドカップのような大舞台を戦ううえで間違いなく致命傷になる。その点、韓国の強靭なメンタルは素晴らしかった。先制されてもまるで動じず、そこからひっくり返すだけでなく、3点目、4点目と畳みかける。今大会の大一番、しかも相手が日本という試合で遺憾なく実力を示す韓国のプライドというか、勝負強さには脱帽するしかない。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ