金田喜稔が韓国戦を斬る!「ショックな敗戦。ハリルにこのまま任せていいのか疑問符が」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2017年12月16日

「急造メンバーだから」は言い訳にならない。

植田は攻撃時にもっと積極的にポジションを前に取って、プレッシャーを掛けなければいけなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[E-1選手権]日本1-4韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 韓国は決して強豪ではない。それだけに結果、内容ともに「ショック」以外の言葉が出ない。正直、何も見るべきポイントはなく、屈辱的な敗戦だったと言っても過言ではないだろう。勝利が大前提だっただけに、本大会に向けて新戦力の発掘は振り出しに戻ってしまった。
 
 まず「国内組だけで構成した急造メンバーだから」という言い訳は通用しない。大会3試合目であり、それなりにトレーニングだってこなした。しかし、攻撃では3人目や4人目の動き出しがなく、2人だけの関係性も破綻気味。スムーズさを欠き、連動性も皆無だった。
 
 例えばトップに入った小林悠は、大迫勇也のように最前線で身体を張ってひとりで時間を作れるタイプではない。味方と適切な距離感を保ちながらパスワークで崩す、または裏へのボールに抜け出す能力に優れるが、それを活かし切れていなかった。
 
 植田直通は攻撃時にもっと積極的にポジションを前に取って、プレッシャーを掛けなければいけなかった。しかし、韓国の高さを怖れて最終ラインを下げたことも相まって位置取りが中途半端に。結果としてウィークポイントとも呼べる泣きどころになった。
 
 加えて、誰がリーダーシップを発揮するのかも整理されていなかったように見えた。昌子源なのか今野泰幸なのか、それとも各セクションごとに誰かが引っ張る役目を担うのか。前半に3点目を奪われ、あれで気持ちが切れてしまったのではないだろうか。
 
 なんにせよゲームコントロールという意味で稚拙過ぎた。早い時間に先制したのだから、セーフティに相手のリズムを断ち切る選択肢を選んでも良かった。リードしているからこそ、危険を冒さない。わざわざプレーを難しくする必要だってなかった。
 
 選手個々に関していえば、局面局面でまったく勝てていなかったことも寂しい。Jリーグは順調に成長してきたと思っていたが、伸びていないのだと実感した。気持ちを引き締めて来年を迎えなければ、本大会で勝点を奪えない。もっとJリーグで戦っている選手が強い覚悟で臨んでほしい。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ