• トップ
  • ニュース一覧
  • W杯で成功を収めるには?ハリルが歩む“サプライズの法則”とメキシコ、チリ、川崎が示すヒント

W杯で成功を収めるには?ハリルが歩む“サプライズの法則”とメキシコ、チリ、川崎が示すヒント

カテゴリ:日本代表

加部 究

2017年12月02日

国際的にサプライズになっても、異彩を放ちインパクトを残せたかは別の問題だ。

いまだ未冠だが川崎は独自のスタイルでJリーグ屈指の強豪クラブにのし上がった。日本が中堅国以上の仲間入りを果たすには、継続する力も必要になるだろう。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 そして番狂わせを演じるなら、やはり堅守速攻が生命線だ。その点でハリルホジッチ監督は常道を歩んでいる。前回アルジェリアでも、全4試合でポゼッションは対戦相手を下回った。しかししっかりと結果を手にして賞賛を得た。全員が勤勉に闘うのも、過去のアイルランドや昨年EUROのアイスランド旋風などに通じるものがある。実際日本も、攻撃面で創造性を備えたジーコ(2006年ドイツ大会)やザッケローニ(2014年ブラジル大会)体制では失点を重ねて敗退したが、守備に軸足を置き換えた2010年南アフリカ大会ではベスト16に残った。
 
 もちろん番狂わせも繰り返せば、自信として蓄積され歴史も変わっていく可能性はある。ただし大きな流れの中で、中堅国以上に脱皮し成功へ近づくには、独自の道を見出し継続していく力も必要になる。メキシコは依然として2度の自国開催で残したベスト8を超えられていないが、独特のスタイルを貫き強豪の一角に定着しつつある。今回は失敗したが、アメリカやチリの試みも自国の特質を活かした戦い方の継続という意味では、貴重なヒントになったはずだ。
 
 もしロシア大会で日本がグループリーグを突破すれば、国際的にはサプライズになり、指揮官の仕事ぶりは高い評価を受ける。だがそれで異彩を放ち、インパクトを残したかは、また別の問題になる。先日川崎の鬼木達監督が語っていた。
 
「このやり方を信じているので、これで負けたら仕方がない」
 大局に立てば、そういう選択肢もある。
 
文●加部究(スポーツライター)
【関連記事】
日本のH組をスペイン紙が展望!「グループを牽引するのは?」「日本はアジアを席巻した予選の勢いで…」
ハリル監督が抽選結果に言及「鍵を握るのは初戦」「偶然だがコロンビアの映像を見ていた」
コロンビア有力紙は日本と同組に余裕しゃくしゃく 「最高のドロー」「16強進出の可能性は高まった」
ポーランド・メディアは日本をどう見る? 「キャプテン翼のようにできればいいが、現実は甘くない」
ロシアW杯、グループステージの組み合わせが決定! 開幕戦はロシア対サウジアラビア!!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ