ハイチとのドローに韓国メディアが反応「危機のハリルホジッチ」「もはや東アジアに盟主はいない」

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2017年10月12日

日韓両国は“東アジアの盟主”のプライドを取り戻せるか。

ハイチ戦の内容には、ハリルホジッチ監督も憤慨していた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 韓国は10月7日、10日に行なわれたロシアとモロッコとの親善試合で、それぞれ2-4と1-3で敗れている。計7失点の2連敗と不甲斐ない結果に終わったわけだが、試合内容も苦々しいものだった。
 
 順位争いが佳境を迎えるKリーグに配慮し、今回の連戦には海外組だけで挑んだのだが、本職のサイドバック不在で、急きょ採用したのが3-4-3から4-1-4-1に移行できる“変形3バック”だった。
 
 しかし、その窮余の策は選手に馴染まず、結果は大量失点を生んだ。モロッコ戦では相手の素早い攻撃に成す術もなく、前半30分にもならないうちに一気に3人を交代させて4バックに転換していたほどだ。韓国のサッカー専門誌『FourFourTwo KOREA』はこうした結果について、「ディフェンスは自動ドアのようにあっさりと道を開け、選手たちの集中力は飲酒運転レベルだった」と痛烈に批判している。
 
 そんな状況だからこそ韓国は、日本の不振にスポットライトを当てることで、自国の危機感を和らげたかったのかもしれない。前出の『SPOTVNEWS』などは、「日本は韓国とともに“東アジアの盟主”として君臨してきた」と両チームを同列に並べたうえで、その威厳はもはや「紙で作った虎になった」と綴っている。“紙で作った虎”は、日本で言うところの“絵に描いた餅”に当たる言葉だ。
 
 シン・テヨン監督はモロッコ戦後、「このままではワールドカップになぜ出場したんだと言われるかもしれない」と落胆していたが、その姿はハイチ戦後に「恥をさらしてしまった」と怒りをあらわにしたハリルホジッチ監督とも重なる。
 
 岐路に立たされた日本と韓国は、ロシア・ワールドカップまでに“東アジアの盟主”のプライドを取り戻せるだろうか。

文:李仁守(ピッチコミュニケーションズ)

日本代表×ハイチ戦の「美女サポーター」を一挙紹介!

【日本代表PHOTO】倉田秋、杉本健勇の大阪コンビがゴール!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ