【川崎】小林悠の決断を後押しした中村憲剛、サポーター、そして妻の言葉とは?

カテゴリ:Jリーグ

いしかわ ごう

2016年12月03日

「一番楽しくサッカーできる場所がいいんじゃない?」。妻の言葉が心に響いた。

小林が残留を決めた背景には、妻の言葉があった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 決断の背景にあったのは、愛着のある川崎フロンターレというクラブが、自分の力を強く必要としてくれたことだ。クラブ幹部はもちろん、レジェンドである主将・中村憲剛からも引き止める言葉をかけられた。
 
「クラブからは『憲剛さん(中村憲剛)のように、ずっといて欲しい』と言われましたし、そういう気持ちも伝わってきました。憲剛さんからも『残って欲しい』と言われた。チームのことを一番よく分かっているし、僕のことも一番よく分かっている人ですから。相談させてもらって、憲剛さんにもアドバイスをもらったし、いろんなことを相談して残ろうと思いました」
 
 言うまでもなく、家族の言葉もその決断を後押した。「家族のためにもどうすべきか」と毎日悩んでいる小林の姿に、夫人はこんな風に声をかけてくれたという。
 
「僕が決めることに対して、どこにでもついてきてくれると言ってくれていました。でも悩んでいたら、『お金もそうだけど、悠くんが毎日、一番楽しくサッカーできる場所がいいんじゃない?』と言ってくれたんです。自分はフロンターレのサッカーが好きで、毎日楽しいと思ってやれていた。他のクラブに行ってもサッカーは楽しいのかもしれないけど、それは分からないですよね。あれは心にすごく響きました」
 
 最後にはサポーターに対する気持ちも触れていた。残留か移籍かで悩んでいる日々、練習場を訪れて声をかけてくれるサポーターの熱意も小林の心を動かした。
 
「サポーターの皆さんが練習場に来てくれたり、僕のインスタグラムにコメントを投稿してくれたり、必要とされていると感じました」
 
 こうして来季もフロンターレのユニホームに袖を通してプレーすることの決まった小林だが、チームには天皇杯のタイトルのチャンスがまだ残っている。怪我の再発を防ぐために、焦らず調整に専念する見込みで、全体練習に復帰するのは13日前後の予定を予定しているという。
 
 フロンターレでタイトルを獲りたい――気持ちを新たにした小林悠は、天皇杯のピッチでその想いを表現する。
 
文:いしかわごう(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ