【川崎】小林悠の決断を後押しした中村憲剛、サポーター、そして妻の言葉とは?

カテゴリ:Jリーグ

いしかわ ごう

2016年12月03日

残留を決断したのは、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だった。

「フロンターレというチームでタイトルを獲りたい。他のチームで獲っても……という思いがありました」と小林は語った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月26日、小林悠は自身のブログで川崎フロンターレ残留を明かした。
 
 G大阪、鳥栖、神戸など複数クラブから破格とも言えるオファーを受けていたとされているが、なぜ残留という決断を下したのか。チャンピオンシップ準決勝敗戦後のオフ明けとなった12月1日、本人がその経緯を明かしてくれた。
 
 去就に関する報道が出てからのこの約1か月間、負傷離脱中だったこともあって、報道陣の前では表情が曇りがちだった小林だが、決断に至る思いを語る表情は明るい。
 
「今はすっきりしています。本当に、自分にはもったないぐらいのオファーを頂きました。家族のこと、将来のことも考えて本当に悩みました。どっちにいけば家族として幸せになれるか……今はフロンターレに残ってよかったと思っています」
 
 まず残留を決断したタイミングはいつだったのか。奇しくも、チャンピオンシップ鹿島戦に敗れた時だったという。
 
「一番は、鹿島戦に負けたのをピッチの外で見ていて、『フロンターレでタイトルを獲りたい』と思ったことです。それが一番大きかったですね」
 
 左太腿裏の肉離れの影響により欠場していた小林は、この一戦をスタンドからチームメートと観戦している。敗戦が決まった終了後には、机に顔を突っ伏したまま、長い時間ひとりでうずまっていたという目撃談もあった。そのときの心境をこう明かす。
 
「なんで自分がこのピッチにいられなかったのか……それが悔しくて。フロンターレというチームでタイトルを獲りたい。他のチームで獲っても……という思いがありました」
 
 もっとも、その決断に至るまでは毎日のように悩んだという。心の葛藤があったことをブログでも明かしているが、そんな日々について、少し懐かしそうに振り返る。
 
「本当に毎日(決断が)変わりました。夜、寝る前に色々と考えて眠れなくなったり……考えすぎて、考えるのをやめようと思ったぐらいです(笑)。関係者にも会わせてもらって、いろんな人に相談をして、そのたびにあっちに行ったり、こっちにいったりと考えが変わりました。人生で一番悩んだと思います。一生のことだと思っていたし、これだけ自分を評価してくれるのも今年しかない。だから、本当に悩みました」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ