• トップ
  • ニュース一覧
  • 【選手権出場校】千葉・市立船橋|伝統の堅守は圧巻のレベルへ。宿敵破り夏冬連覇へ一歩前進!

【選手権出場校】千葉・市立船橋|伝統の堅守は圧巻のレベルへ。宿敵破り夏冬連覇へ一歩前進!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2016年11月20日

決勝戦も選手たちの判断で3バックから4バックへ移行。

来季湘南への加入が内定している杉岡(5番)が市立船橋の最終ラインを引き締める。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 決勝の流経大柏戦は当初、相手の前からのプレスを考えて、杉岡、金子、原を並べた3バックでのスタートだった。しかし、弾いても前向きにセカンドボールを拾われ、立ち上がりに押し込まれたことから、杉岡が機転を利かし、金子をボランチのポジションに押し上げ、3バックから4バックに変化をさせ、従来の形に戻したのだった。
 
 この変化に周りも状況を把握し、金子が攻守のバランサーとして、スペースを消す動きとプレスバックを仕掛け、高と阿久津のダブルボランチが、一枚前に上がる形で、セカンドボールを拾って攻撃につなげたり、中盤でボールを収めてリズムを作る役割をこなした。
 
 両サイドバックのリスク管理も徹底され、「原と杉岡が中を締めるので、サイドが空かないように、攻守の切り替えを早くした」と、真瀬が語ったように、両サイドバックが何度もスプリントを繰り返し、サイドにスペースを空けないように、かつサイド攻撃が円滑に出来るように、頭脳的なプレーを見せた。
 
 ピンチは何度かあったが、結果的にセットプレーからの1失点に留め、攻めては原とMF太田貴也(3年)の2発のヘディングシュートによるゴールで、2—1の勝利を掴みとった。
 
「流経大柏の持ち味はスピード感、切り替えの早さ、攻防の強さだけど、ちょっと待て、それは俺たちの強みでもあると。そういうところを意識して戦った。この3つはこっちも絶対に譲れないですから」
 朝岡監督は決勝戦の激闘をそう振り返り、チームの強みに自信を見せた。
 
 インターハイ王者の看板に偽りなし。今年のチームを象徴する盤石の勝利を収めた市立船橋に隙は無い。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【関連記事】
【選手権予選】宿敵市船との対決に敗れた流経大柏。最強の敗者が残した爪痕とさらに続く戦い
【FC東京U-23】「自分らしくない」。初ゴールを逃した久保がJ3の戦いで感じた“現在地”とは?
久保建英がプロ2戦目で32分間のプレー。指揮官、相手DFのリアルな評価とは?
【J1昇格争い速報】札幌、清水が自動昇格。松本は勝利も昇格プレーオフへ回る
U-20日本女子が5ゴール大勝でGL突破! 先制点の長谷川は離脱の友を思い涙…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ