• トップ
  • ニュース一覧
  • 【FC東京U-23】「自分らしくない」。初ゴールを逃した久保がJ3の戦いで感じた“現在地”とは?

【FC東京U-23】「自分らしくない」。初ゴールを逃した久保がJ3の戦いで感じた“現在地”とは?

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年11月20日

「かなり良い形で持ち込めていたので、『今日は入りそうだな』と思っていた」

2日連続の出場にも「生地選手も昨日(Jユースカップで)フル出場して、今日も出ているので全然大丈夫」と涼しい顔。疲れを見せず、チャンスにも絡んだ。 写真:徳原隆元

画像を見る

[J3第30節]FC東京U-23 2-0 C大阪U-23/11月20日/夢の島
 
 1-0で迎えた62分すぎ、久保建英がビブスを脱いでユニホーム姿になると、“夢の島”が沸いた。前日のJユースカップ決勝で、途中出場ながら65分間プレー。帰りのバスの中で「出るかもしれないから準備をしておくように」(久保)言われていたという。
 
 投入直後こそボールが収まらなかったが、ユ・インスへスルーパスを通してゴールに迫った70分のプレーをきっかけに、リズムに乗る。77分には同じFC東京U-18所属の生地慶充とのワンツーから再び左サイドのユ・インスを使って攻撃を演出し、その6分後には小川諒也のクロスにダイレクトで左足を振り抜き、Jの舞台で初シュートを放った(結果は枠外)。
 
 ピッチに入る際、「(途中出場の)自分よりも疲れている選手が多いので、スペースでボールを受けて自分のプレーができれば」とイメージを描いていた久保。立て続けにチャンスを迎え、「(チームとして)かなり良い形で持ち込めていたので、『今日は入りそうだな』」と自身のゴールが生まれる予感があったという。
 
 すると試合終了間際の90+4分、最大の見せ場が訪れる。味方のスルーパスに抜け出すと左足を一閃。ゴール左を狙ったシュートはGKの横っ飛びセーブに遭い、惜しくも初ゴールはならなかった。久保は、GKとの1対1になった場面をこう振り返る。
 
「2試合目(福島戦)は1、2回打てるチャンスを打たずに後悔していた部分があったので、3試合目はチャンスがあったら狙っていこうと思っていました。シュートを打てたことは前進したかなと。でも、これ以上ないって形で(パスが)来て、GKはしっかり見ていたんですけど、ちょっと緊張してしまって、判断を変えることができませんでした」
 
 訊けば、「何も考えられずになって」いたという。そのなかで、「アウト(サイドキック)で(左)サイドに蹴ったんですけど、読まれていた。自分らしくない」というのが決定機に対する久保の自己分析だ。
【関連記事】
【FC東京U-23】久保建英がJ3最終戦に途中出場。終了間際の決定機の行方は…
久保建英がプロ2戦目で32分間のプレー。指揮官、相手DFのリアルな評価とは?
天才アタッカーの実像――久保建英とはいかなるプレーヤーなのか
「中学生だよね?」市船指揮官も感嘆する久保建英の存在感。帰国後1年半の成果はどこに?
【選手権出場校】千葉・市立船橋|伝統の堅守は圧巻のレベルへ。宿敵破り夏冬連覇へ一歩前進!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ