ポグバ移籍が成立間近。マンUとユーベの売買損益は天文学的な数字に!

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2016年07月28日

ユーベが手に入れる利益はかつてない数字に。

マンチェスター・U時代のポグバ。トップチームでの出場機会の少なさを理由に契約延長を拒否し、2012年には移籍金ゼロでユーベへと去った。(C)Getty Images

画像を見る

 このディールがこのまま本当に成立すれば、マンチェスター・Uにとってはとんでもない売買差益となる。
 
 若さゆえの過ち、ではない。その若さを理由に抜擢を躊躇したがゆえの過ちだ。偉大なるサー・アレックス・ファーガソン元監督が、そのキャリアの中で犯した最も大きなミスのひとつになるだろう。
 
 2009年、マンチェスター・Uはル・アーブルのアカデミーから15歳のポグバを発掘し、たった20万ユーロで獲得した。しかし、ユースチームで抜群の活躍を見せたにもかかわらず、トップチームでの出場機会の少なさに業を煮やして本人が契約更新を拒否。2012年、移籍金ゼロでユーベに逃げられてしまった。手元に残ったのは、ユーベがお情けで払ってくれた育成費100万ユーロだけだった。
 
 あれから4年、そのポグバを呼び戻すために、マンチェスター・Uは1億2000万ユーロというサッカー史上最高額を用意。ユーベが手に入れる利益は天文学的な数字になる。
 
 他のクラブでブレイクしたタレントが、育成年代を過ごしたクラブに買い戻されるというケースは、過去にもいくつかあった。もちろん、いずれもポグバほどの損益は出ていないが……。
 
 例えばバルセロナだ。525万ユーロでマンチェスター・Uに売ったジェラール・ピケを4年後に500万ユーロで呼び戻したケースはいいとしても、320万ユーロでアーセナルに売ったセスク・ファブレガスは8年後に3400万ユーロで買い戻す羽目になった。
 
 バイエルン・ミュンヘンも今夏、かつてわずか420万ユーロで手放したマッツ・フンメルスの買い戻しに、3800万ユーロを投じなければならなかった。売買差損はまったくバカにできない金額に上っている。
 
 同じ買い戻しでも、逆にほくそ笑んでいるのはドルトムント。3年前に3700万ユーロでバイエルンに売ったゲッツェを、今夏は2600万ユーロで買い戻したのだ。とはいえそのドルトムントも、育成年代に移籍金ゼロで手放したマルコ・ロイスを、7年後の2012年に1710万ユーロで獲得した。
 
 若手のポテンシャルと伸びしろを見極めるのは、誰にとっても難しいということだろう。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。
 
【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ