ポグバ移籍が成立間近。マンUとユーベの売買損益は天文学的な数字に!

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2016年07月28日

マンチェスター・Uのオファーはユーベが満足できるレベルに。

4年間を過ごしたユーベで大きく成長したポグバ。巨額の移籍金を土産に古巣へと去るのか?(C)Getty Images

画像を見る

 ゴンサロ・イグアインの獲得の次は、ポール・ポグバの売却――。ユベントスのメルカートが一気にホットになっている。
 
 ポグバの古巣であるマンチェスター・ユナイテッドは、代理人ミーノ・ライオラと先週の段階ですでに年俸1300万ユーロ(約15億6000万円)+ボーナスの5年契約で話がまとまった。ユーベはこの個人合意を受けて、7月19日からクラブ間交渉に入った。
 
 ユーベはマンチェスター・Uのファーストオファーである移籍金1億100万ユーロ(約121億円)を拒否。増額を求めた。
 
 するとマンチェスター・Uは今週に入って、1億2000万ユーロ(約144億円/1億1000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロ)、そして契約書に記載されているライオラに支払うマージン(移籍金の20%)も負担するという、大きく譲歩したオファーを出してきた。
 
 同じく契約書に「ユーベが一定額を上回る正式オファーが届いたにもかかわらず拒否した場合には、同じくその額の20%をライオラに支払わなければならない」という特記事項を抱えるユーベにとって、マンチェスター・Uのオファーはほぼ満足できるもになった。
 
 ポグバとライオラはマイアミでバカンス中で、マンチェスター・Uは米国でメディカルチェックを受ける手配を整えている。7月29日までに世紀のビッグディールが正式決定する可能性は低くない。
 
 イグアインを9000万ユーロで獲得し、ポグバを1億2000万ユーロで売却――。今夏のユーベはいつになく派手な動きを見せることになる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ