【EURO2016】ベルギーの豪華タレント陣を完封した、イタリアの古き良き伝統と美学

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2016年06月14日

今のイタリアにはカンナバーロもピルロもバッジョもいないが…。

ベルギーはアザールらが突破からシュートを狙うも、イタリアはそのほとんどをブロックした。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 試合巧者という意味では、イタリアはベルギーの一枚どころか二枚も三枚も上手だった。危険なカウンターを食らいそうになれば、躊躇なくファウルで止めた。しかも、レッドカードではなくイエローカードで済むようなゾーンで、まるで倒す気がなかったかのような素振りを見せる。実際、イエローカードを4枚食らったが、レッドカードは0枚だった。
 
 ゴールキックも、スローインも、選手交代も、たっぷり時間をかけた。ベルギーの選手、スタッフ、ファンは誰もがイライラしたに違いない。記者席の後ろにいたベルギー・サポーターは、イタリアがそんな振る舞いを見るたびに、大声で怒りを露わにしていた。
 
 相手の攻撃を耐え凌いで弾き返し、少ないチャンスを一瞬でモノにし、勝利を掴み取る――。そんな古き良きカルチョの伝統と美学を、この日のアッズーリは完璧に体現していた。
 
 32分のエマヌエレ・ジャッケリーニの先制点は、CBレオナルド・ボヌッチからの1本のタッチダウンパスから生まれた。93分の止めの2点目は、カウンターからグラツィアーノ・ペッレがハーフボレーを叩き込んだ。いずれもカルチョのお家芸のようなゴールである。
 
 アッズーリを応援するすべての人たちが「これぞイタリア!」と叫んだ勝利に、試合後のアントニオ・コンテ監督はしてやったりにこう語った。
 
「しっかり準備ができたし、その通りに戦うことができた。ベルギーはとても強力な優勝候補のひとつだが、選手たちは苦しくても耐えてくれた。彼らにはこういう結果を得る資格があるね。本物の男たちだ」
 
 いまのイタリアには、ファビオ・カンナバーロやアレッサンドロ・ネスタのような独力で敵を封じる世界最高峰のCBも、アンドレア・ピルロのような試合を完璧に支配するレジスタも、ロベルト・バッジョやフランチェスコ・トッティのような華麗なファンタジスタも、クリスティアン・ヴィエリやルカ・ト―ニのような破壊的なCFもいない。
 
 しかし、カルチョの伝統と美学を全身に宿した、誇り高き“本物の男”たちがいる。
 
現地取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

【PHOTO】アッズーリが魂の守備でベルギーを封殺!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ