ポグバはプラティニやジダンになれるのか? フランスのEURO制覇の最大の鍵はそこにある

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2016年06月14日

国民の人気、つまり期待値はすこぶる高い。

開幕戦は不完全燃焼に終わったポグバ。6月15日のアルバニア戦では本領を発揮できるか。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 6月10日のオープニングゲームでルーマニアを2-1で下した開催国フランス。6月15日の2節アルバニア戦を含めた今後に向けてキーマンにあるのが、ポール・ポグバだ。
 
 開幕戦は前半こそ長短のパスが冴えてフランスの好機のほとんどに絡んでいたが、相手の包囲網が厳しくなって存在感が薄れた後半は56分の惜しいボレーシュートが唯一の見せ場。77分に途中交代を命じられた。その時点でスコアは1-1。ディディエ・デシャン監督のこの日のポグバに対する評価が伺えた。
 
 たしかに、「大会を彩る主役の一人」、「フランスの組み立てから崩しに変化をもたらす最大の切り札」という前評判を考えれば、開幕戦のポグバは物足りなさが否めなかった。1ゴール・1アシストと大車輪の活躍を見せたディミトリ・パイエに、いわば主役の座を譲った格好だ。
 
 しかし、会場に詰め掛けたサポーターが身に付ける最新ユニホームで一番目立っていたのは、背中に「POGBA」とプリントされたモデルだった。フランス国民の人気、つまり期待値はすこぶる高い。
 
 ちなみに、レトロ・ユニホームで最も目に付いたのは「PLATINI」と「ZIDANE」。ミシェル・プラティニはEURO1984、ジネディーヌ・ジダンは1998年ワールドカップでフランスを頂点に導いた国民的英雄だ。ポグバにとってはいずれも、ユベントスの大先輩でもある。
 
 同じく自国開催の今大会、かつてのプラティニとジダンのような他を圧倒するパフォーマンスを見せられるのか。今後はパイエのマークが厳しくなるのは目に見ており、フランスが攻撃力を保つにはポグバの打開力が欠かせない。
 
 フランス戴冠の最大の鍵は、間違いなくこのモンスターが握っている。
 
現地取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ