【J1ベストイレブン】止まらない李忠成の勢い!好勝負を演じた磐田から2名、初勝利の福岡と湘南からは計3名を選出|1stステージ9節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月02日

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
1 村山智彦(湘南) 7
カイケのPKを完璧な読みでストップ。終盤の押し込まれる時間帯でもセービングは乱れず、勝利の立役者に。
 
DF
3 河本裕之(大宮) 6.5
スペースを上手く使う金崎と土居への対応が上手く、寄せの早さで強力な鹿島攻撃陣を完封。集中力を保ち続けた。
 
23 エドゥアルド(川崎) 6.5
冷静な対応でパトリックや宇佐美らを抑え込み、カバーリングも安定。奈良との好連係でゴール前にカギをかけてゴールを許さず。CBコンビの奮闘が、無失点勝利の大きな要因に。
 
19 堤 俊輔(福岡) 6.5
地味ながらも右サイドをカバーしたり、「守備の仕事人」を印象付けた。CBコンビを組んだ田村との呼吸はかなり合っていた。
 
MF
6 ダニルソン(福岡) 6.5
ブルドーザーのような突進で平山やN・バーンズを潰す。全盛期とは言わないまでも、パワフルなディフェンスには威圧感があった。
 
6 山中亮輔(柏) 6.5
長距離を駆け上がり、クロスで攻撃を活性化させた。14分にはFKで際どいボールを蹴りこみ、先制点を挙げる。その後のFKのチャンスではゴールの遥か上に外したが、J1初ゴールを記録し、満足できる復帰戦となった。
 
13 宮崎智彦(磐田) 7
危険なエリアを察知してスペースを埋め、ビルドアップ時には巧みにゲームをコントロール。さりげなく攻守に重要な役割を果たし、チームメイトの小林もその貢献度を称えた。
 
24 関根貴大(浦和) 7
前半は右、後半は左と両サイドのウイングバックでプレー。自身のゴールはなかったものの、李の豪快ボレーをアシストするなど、快勝劇を浦和の翼となって支えた。
 
FW
15 アダイウトン(磐田) 7(90+4分OUT)
1トップに入り、精力的にボールホルダーにプレッシャー。さらにスピードある突破をちらつかせて相手の最終ラインを牽制するなど、3バックのシステムを機能させた。

THIS WEEK MVP
20 李 忠成(浦和) 7.5
川崎戦に続いて背中に目がついているような“完璧”なヒールパスで決定機を演出。さらに36分、興梠への絶妙なスルーパスでもため息を誘う。迎えた56分、関根のクロスに左足ボレーで決勝弾! プレッシングも怠らず、あらゆる仕事をこなし、この日の主役を演じた。
 
11 豊田陽平(鳥栖) 7
開幕戦以来勝利がないチームを鼓舞するかのように、身体を張ってボールを呼び込んだ。前半終了間際には自ら奪ったPKを冷静に沈め、後半には得意のヘッドで追加点。まさにエースと呼べる働きぶりだった。
 
【関連記事】
【横浜】世界も認める“名手”俊輔がPKを蹴らなかった理由
【柏】待望のJ1初ゴールを挙げた山中亮輔。自慢の左足を武器に再起を期す
【鳥栖】“疑惑の判定”に揺れた一戦でエースとしての輝きを放った豊田。熊本への熱い想いも語る
【順位表】4連勝の柏が4位に浮上。大宮5位、磐田が6位と昇格組が健闘
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ