【横浜】世界も認める“名手”俊輔がPKを蹴らなかった理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年05月01日

「起爆剤というか、なんとかノッてほしかった」(中村)。

類稀なテクニックで攻撃を組み立てた中村。味方の良さを引き出しながらチャンスを演出したが、この日は湘南の堅牢な守備を崩し切れなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その瞬間、ほとんどの人が「なぜ?」と疑問に思ったのではないだろうか。
 
 湘南との神奈川ダービーで1点ビハインドの横浜は69分、PKのチャンスを得る。齋藤のシュートがエリア内にいたパウリーニョの手に当たると、主審はPKスポットを指差した。
 
 転がっているボールを拾ったのは齋藤だった。その近くには背番号10がいたが、齋藤は手にしたボールを中村ではなく、カイケに渡した。
 
 1-2で敗れた前節の広島戦で、同点弾となるPKを決めたのは中村だった。それだけに、FKやCKを含め、チームのセットプレーの全権を握る中村がこのPKの場面でもキッカーを務めると考えるのは、至極当然なことだろう。
 
 しかし、世界も認める“魔法の左足”を持つ男は、PKを蹴らなかった。
 
 なぜか――。理由はいたってシンプル。チームの中で明確なPKキッカーは決まっておらず、この日はカイケが志願したからだ。
 
「前回はナカムラがPKを蹴って、しっかりと決めているけど、自分も日々、トレーニングをしているし、周りもそれを見ている」(カイケ)
 
 そうした背景があるなかで、中村がカイケの要望を受け入れたのは、「点を取ることでFWはノッてくる」と言う中村なりの考えがあってのことだ。
 
「今チームには“不動のFW”がいない。だから、起爆剤というか、なんとかノッてほしかった。『俺が蹴る』っていうのもアリだけど、譲ったというか、自然と」
 
 湘南戦、カイケは先発から外れ、ベンチスタートだった。本人からすれば、悔しい想いもあったし、途中出場のチャンスを得て、アピールしたい気持ちもあったはず。そんなカイケの心情も中村は感じ取っていたに違いない。
 
 キッカーを任せられるだけの理由もあった。「(カイケが)PKの練習をしている時、蹴り方も、膝下の振りも良かった」。普段からコミュニケーションを密にしているようで、「『試合中に(PKに)なったらどうしたい?』って聞いて、『蹴れるんだったら蹴りたいけど』とか、そうやってお互いにリスペクトし合っている」から、信頼もできた。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜 0-1 湘南|PKのピンチに守護神・村山が神セーブ! 高山の1点を守り切った湘南が待望の今季初勝利!
【神奈川ダービーの舞台裏】 PKの心理戦――「先に動かず我慢」した村山に、カイケは「右に蹴ろう」と即決した結果…
【鳥栖】“疑惑の判定”に揺れた一戦でエースとしての輝きを放った豊田。熊本への熱い想いも語る
【写真検証】G大阪対川崎戦で起きた“誤審疑惑”。あれはPKか否か――?
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ