【J1ベストイレブン】止まらない李忠成の勢い!好勝負を演じた磐田から2名、初勝利の福岡と湘南からは計3名を選出|1stステージ9節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月02日

名古屋を下す決勝点だけでなく、絶妙ヒールで決定機も演出した李をMVPに。

【1stステージ9節のベストイレブン】首位をキープした浦和からは、MVPの李と関根を選出。今季初勝利の福岡と湘南からは、それぞれ守備で存在感を示した選手たちを選んだ。

画像を見る

 J1リーグは4月29・30日に第1ステージ9節の9試合を行ない、首位の浦和が名古屋に勝利。2位の川崎もG大阪を下し、上位2クラブがしっかりと勝点3を手にした。一方、今節は下位陣も健闘。17位の福岡、18位の湘南が、ともに今季リーグ戦初勝利を収めている。
 
 ここでは、9節の9試合から、サッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 9節のMVPは、今節で唯一「7.5」をマークした浦和の李忠成だ。この元日本代表FWは、名古屋を相手にやりたい放題。前節の川崎戦に続いて絶妙なヒールで決定機を演出し、さらに鮮やかなボレーで決勝点も叩き込んだ。最近の好調ぶりは特筆もので、浦和攻撃陣の”要”とも言える活躍を見せている。
 
 FWでは、ベストイレブンに選出した豊田陽平(鳥栖)やアダイウトン(磐田)はもちろん、得意のFKで2点に絡んだクリスティアーノ(甲府)も非凡なパフォーマンスを披露していた。
 
 中盤は、果敢なドリブル突破でチャンスを拡大した関根貴大(浦和)と、FKでJ1初得点を決めた山中亮輔(柏)を両翼に。中央には、福岡の今季初勝利に貢献したダニルソン。パートナーには、広島とのミラーゲームで抜群の存在感を示した磐田の宮崎智彦を選んだ。
 
 3バックは、いずれも無失点に抑えたチームから選出した。堤俊輔(福岡)とエドゥアルド(川崎)は、それぞれ安定したディフェンスで1-0の勝利を呼び込み、河本裕之(大宮)は鹿島の猛攻を凌ぎ切って勝点1の確保に大きく貢献している。
 
 GKは、会心のPKストップで今季初勝利の立役者になった湘南の守護神。劣勢の時間帯にも冷静に対応した、村山智彦で決まりだろう。
 
【関連記事】
【横浜】世界も認める“名手”俊輔がPKを蹴らなかった理由
【柏】待望のJ1初ゴールを挙げた山中亮輔。自慢の左足を武器に再起を期す
【鳥栖】“疑惑の判定”に揺れた一戦でエースとしての輝きを放った豊田。熊本への熱い想いも語る
【順位表】4連勝の柏が4位に浮上。大宮5位、磐田が6位と昇格組が健闘
【川崎】宇佐美と乱闘騒ぎの大久保。「肘が当たって血が出ていた。相当、痛そうだったね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ