• トップ
  • ニュース一覧
  • 『NIKE MOST WANTED』のグローバルファイナルがパリで開幕。日本からは高梨起生と波田野海の18歳コンビが参加!

『NIKE MOST WANTED』のグローバルファイナルがパリで開幕。日本からは高梨起生と波田野海の18歳コンビが参加!

カテゴリ:海外日本人

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2016年04月29日

インテンシティーの面でもいかにアピールできるかが鍵に。

4月28日午後に『ナイキアカデミー』の練習を見学。2人とも熱心にプレーを見つめていた。(C)NIKE

画像を見る

 参加者たちはその後、このセレクションのために本拠地イングランドからクレールフォンテーヌまで遠征してきた『ナイキアカデミー』の練習を見学。自分たちが目指すチームのトレーニングに熱視線を送った。
 
 コンディション面も考慮され、初日のスケジュールはこれで終了。高梨が「セレクションとアカデミーの規模の大きさを改めて実感しました。アカデミーはパワーが凄いですね」と語れば、波田野は「ポゼッション・サッカーを志向しているのが分かったので、明日からそれを頭に入れてやりたい。練習を見て、よりアカデミーに入りたいという気持ちが強くなりました」とコメントした。
 
 2人が口を揃えて「技術的にはアカデミーには通用すると思います」と語った通り、自主トレを見る限りテクニカルな部分では『ナイキアカデミー』にも十分に通用するはずだ。とはいえ、オープニングセレモニーでも強調された通り、このセレクションではインテンシティーの高さ、つまり現代フットボールには欠かせない球際の激しさや闘争心も重要な評価対象となっている。前年度の勝者となった渡邊も、テクニックはもちろんインテンシティーの高さによって高評価を得ていたのだ。
 
 それを考えれば、高梨と波田野がこのグローバルセレクションを勝ち抜く鍵は、持ち前のテクニックを存分に発揮することはもちろん、インテンシティーの部分でもいかにアピールできるかにあると言っていい。
 
 本格的なトレーニングは4月29日からスタートし、5月1日の最終日には『ナイキアカデミー』との試合も行われる。はたして、高梨と波田野は世界中から集まった猛者たちを相手にいかなるパフォーマンスを見せるのか――。注目したい。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 
【PHOTOギャラリー】『NIKE MOST WANTED』グローバルファイナル
【関連記事】
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「ゲッツェの復帰と香川の放出はイコールではない」
U-23チームのJ3参戦が効果を発揮。G大阪がU-19代表に最多5人を供給できる理由
【レスター】史上稀に見る「奇跡の戴冠」へ――。大躍進の一年を振り返る
【リーガ現地コラム】2試合連続4ゴールの快挙。絶好調スアレスの存在はバルサの逃げ切りに不可欠だ
【岡崎慎司|独占インタビュー】プレミア優勝決定!! レスター躍進の要因は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ