• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後の天国と地獄】岡崎の目覚ましい活躍は称賛に値する。彼の評価は今や、本田や香川をも上回るよ

【セルジオ越後の天国と地獄】岡崎の目覚ましい活躍は称賛に値する。彼の評価は今や、本田や香川をも上回るよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年04月13日

たった1ゴールで背番号をアピールした本田。ブラジルでは、「生意気」とブーイングを浴びかねない。

本田は長い間、ゴールから見放されていた。現地では「ミラン史上最低の10番」と揶揄された時期もあったようだけど、結果を見ればそれも仕方ない。(C)Getty Images

画像を見る

 
 シーズン前は、ダークホースという位置づけですらなかったレスターが、ここまで躍進するとは誰も予想しなかったと思う。ただ気掛かりなのは今、プレミアリーグで持ち上がっているドーピング疑惑だ。現地メディアが、ある医師の証言を基に報じたものだが、レスターやアーセナルの選手をはじめ、テニス選手など150人以上が長年にわたってドーピングしていたというのだ。
 
 レスターがこのまま逃げ切ってタイトルを獲得しても、同クラブの選手が関与していたとなれば、“タイトル剥奪”という事態も起こり得る。真偽のほどは分からないけど、調査の結果次第では、どう転ぶか分からないだけに不安だね。
 
 それにしても、他の海外組はどこかぱっとしない。昨年は好パフォーマンスを披露していた香川だけど、今年に入ってから出場機会が激減した。復調傾向とはいえ、ドイツでは「シンジの時代は終わった」という声もあるという。長友にしても、現状維持と言ったところだ。
 
 本田にいたっては、2月のリーグ戦で約1年4か月ぶりのゴールを決めたにすぎない。その時、両手の親指を背中に向けて「俺が10番だ」と言わんばかりにアピールしていた。ブラジルでは、たった1ゴールでそんなパフォーマンスをすれば、「生意気」とブーイングを浴びかねない。
 
 名門クラブの10番が、そんなにも長い間ゴールから見放されていたのは、本来なら不甲斐ない話。現地では「ミラン史上最低の10番」と揶揄された時期もあったようだけど、結果を見ればそれも仕方ない。
 
 そういう状況のなか、ゴール後に見せたパフォーマンスは、まるで日本のメディアに向けたもののように僕には映った。そして日本のメディアも、ちょっと良いプレーをしただけで、まるでワールドクラスと言わんばかりに報じるから、ある種の幻想が生まれてしまう。
 
 営利主義で話題性を優先する事情は分かるけど、相対的な評価を基に報じないと、イメージばかりが先行する事態に成りかねないよ。
 
 
※『サッカーダイジェスト4月14日発売号』では、「J1・J2リーグ別 最新“クラブ番付”をお届けします。J1の18チーム、J2の22チームを、編集部独自の8項目で査定し、ランキング化してみました。果たして、それぞ総合トップに立ったのは?また大久保嘉人選手、西大伍選手、清武功暉選手、岩波拓也選手の独占インタビューも掲載。クラブダイジェストの名古屋編では、永井謙佑選手と田口泰士選手の対談などをお送りします。2・3月のJ1MVPに輝いた中村憲剛選手が第1回目のゲストで登場する新連載にも注目。今号もボリューム満点の内容でお届けします。
 
 
【関連記事】
【W杯アジア最終予選】日本は組分けに恵まれたのか? ハリルジャパンの進化を測る意味で“ひとつの物差し”になる試合は──
【W杯アジア最終予選】日豪戦は3分1敗…。過去20年の結果から、ライバル5か国との相性をチェック
【W杯アジア最終予選】日本は三度、豪州と同居!対戦スケジュールをチェック
【日本代表】史上5人目の代表100試合出場を達成した岡崎が語るシリア戦の“収穫”。「攻め続けることが出来た以上にピンチこそが…」
【識者の視点】岡崎、原口らが貫くクラブでのスタンダード。2次予選の相手にも欧州組が重視される理由

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ