• トップ
  • ニュース一覧
  • どうした青森山田!? 選手権優勝から3か月半、サニックス杯でまさかの7位。佐賀東戦で指揮官が雷を落とす。いったい何があったのか

どうした青森山田!? 選手権優勝から3か月半、サニックス杯でまさかの7位。佐賀東戦で指揮官が雷を落とす。いったい何があったのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2024年03月24日

それは“心”があってこそ

選手たちも危機感。「1本中の1本を決め切れないと勝てない」と小沼(5番)も悔しがる。写真:松尾祐希

画像を見る

 勝負は細部に宿る。選手たちは決して手を抜いたりしていたわけではないだろう。しかし、日本一を目ざす集団として、指揮官は物足りなさを感じた。だからこそ、厳しい言葉を投げかけたのだ。

「やれることを1つずつクリアしていかないと、適当なチームになってしまう。シーズンが始まってから『なんでこんなこと言われてるの?』というようなチームではダメ。プレミアリーグは開幕から全力でいかないといけないし、今はシーズン中に言いたくないこと、シーズン中に持ち越したくないことを伝えている」

 準備の段階で相手に遅れを取った結果、試合は0-1の惜敗。前半終盤にリードを許してから猛反撃を開始し、後半の終盤はロングスローとFKやCKから何度も決定機を作ったが、最後まで決め切れなかった。

 試合を振り返り、昨季からのレギュラーでキャプテンマークを巻いた右SB小沼蒼珠(2年)はこう話す。

「いくら気合を入れて臨んでも、サッカーはサッカー。1本中の1本を決め切れないと、やっぱり勝てない。ガンバ大阪戦も含めて、簡単には勝てないことが分かった2試合でした」
 
 大会ラストマッチとなった佐賀東との7位決定戦は終盤に逆転したものの、終了間際に失点。2-2でPK戦にもつれ、なんとか勝利を手にしたが、例年のような勝負強さはまたしても発揮できなかった。

“心技体”の技と体はここからいくらでも伸ばせる。しかし、それは“心”があってこそ。開幕前の時期にどれだけメンタリティを作り込めるか。

「自分たちがやるべきことを信じて、しっかり積み上げていきたい」という小沼の言葉通り、今は目の前のことを必死にクリアしていくしかない。もがき続ける“王者”は、青森山田らしさを取り戻すために今日もグラウンドに立つ。

取材・文●松尾祐希(サッカーライター)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

【記事】「びっくりした。18歳であのガタイ?」194センチのハーフナー・マイクが驚愕したパリ五輪世代FWは? 内田篤人も「彼にしかできないプレーがある」

【記事】「北朝鮮がアルグアシル監督をハッピーにさせる」久保建英、まさかの“出場0分”で帰還にスペインメディアも驚き!
 
【関連記事】
明秀日立が“真の強豪校”になるべく新たなスタート。サニックス杯で知った自分たちの現在地と無限大の可能性
決勝でも下級生で唯一のスタメン。選手権制覇に貢献した青森山田DF小沼蒼珠は“3冠”に意欲「2年生と1年生に、しっかり伝えていきます」【選手権】
「びっくりした。18歳であのガタイ?」194センチのハーフナー・マイクが驚愕したパリ五輪世代FWは? 内田篤人も「彼にしかできないプレーがある」
「北朝鮮がアルグアシル監督をハッピーにさせる」久保建英、まさかの“出場0分”で帰還にスペインメディアも驚き!
「自分勝手な茶番」「驚くほど非常識だ」日朝戦の中止で韓国メディアが北朝鮮を辛辣批判!「なぜ国際舞台に出ようとするのか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ