【広島】宮原和也がこだわりのボランチで得た手応え。「攻撃につながるパスを出せたら、自分の可能性は広がってくる」

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年03月07日

「もっと自信を持ってやれれば(世界は)変わってくると思う」

課題に挙げるのは攻撃面。「攻撃につながるパスを出せたら、自分の可能性は広がると思う」とさらなるステップアップへ意欲を見せる。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 攻撃面ではブロックを作って守る名古屋を崩しきれない部分はあった。宮原は「ウタ(ピーター・ウタカ)と(柴﨑)晃誠さんにどんどん入れられたのは良かった」とポジティブな面を見出す一方、今後の課題は攻撃にあると自らを分析する。
 
「チームとしては、クロスから何本もチャンスを作っていたと思います。その回数を増やす意味では、ゲームをもっと支配していきたいし、自分ももっと攻撃に絡んでいかないといけない。ボールを運んでシュートを打ったり、相手を引き付けてサイドにパスを出したり、相手に怖がられる選手にならないと。今日も、カシくん(柏好文)がボールを持った時に、するするっと上がって、シュートというイメージはあったんですけどね。キツイ90分の中でチャレンジしていかないといけません」
 
 昨季、佐藤がJ1・J2通算200ゴールを達成した時に続き、大記録誕生の瞬間にピッチに立ったことで、「中学の頃からずっと見てきた憧れの選手と一緒にプレーできるのは嬉しい」と喜びを噛み締める。それとともに、「自分もそういうパスを出していきたい」という想いが強くなったという。
 
「もっと攻撃につながるパスを出せたら、自分の可能性は広がってくると思います。こうやって今季初めてJリーグの試合に出させてもらって、ある程度できる手応えはありました。もっと自信を持ってやれれば(世界は)変わってくると思うので、自分に自信を持ちたいですね」
 
 広島のボランチには森﨑和のほか、昨季リーグMVPの青山敏弘、マルチロールの丸谷拓也と乗り越えるべき壁は高い。それでも、無限の可能性を秘める宮原が偉大な先輩たちの背中に追い付き、追い越した時、広島はさらなる強さを手にできるはずだ。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ