【磐田】元イングランド代表FWジェイが見せた“大物”の予感。J1デビュー、即決勝ゴール! 得点王争いに名乗り!?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年03月06日

チームにとっても、ジェイにとっても大きな意味を持つ、記念すべき「J1初ゴール」に。

試合後、ジェイが大井と抱き合って喜ぶ。チームにとっても、本人にとっても大きな意味を持つ、記念すべき「J1初ゴール」になった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る


 ジェイは振り返る。
 
「一度は必ずチャンスが来るだろうと思っていた。結局、あの一度だけだったかもしれない。でも、その機会を逃さず決められた」
 
 まだ、1ゴールではある。ただ、これから得点を積み重ねていきそうな“気配”がスタジアムには間違いなく漂っていた。それだけに期待は膨らむ。
 
「J1得点王? もちろんストライカーだから、『得点王になりたいなんて、特に思っていない』と言ったら嘘になると思う。でも、個人タイトルよりも、ジュビロの勝利が最優先さ。ジュビロがどんどん良いチームになり、そのひとりとして活躍できたら幸せなことだよ」
 
 イングランド・プレミアリーグのブラックバーンやチャールトンでのプレー経験のあるジェイは、「浦和は素晴らしいチーム。まるでマンチェスター・ユナイテッドと試合をした時のような雰囲気で試合ができた。そんななかで点を決められて本当に嬉しいよ」と常に謙虚に振る舞う。ただ、今後について聞かれると、語気を少し強めた。
 
「状態はまだまだ。でも4月にはベストコンディションに持っていけると思う。やはりいくら練習試合でプレーするより、こうして公式戦に出て、勝点を積み上げることに貢献できてこそ、コンディションも上げていける」
 
 ジェイにとって、コンディションのひとつのバロメーターになるのは間違いなくゴールである。この1点で、J1でできるという手応えは得られたはずだ。
 
 イングランド代表として2010年、フランス代表との親善試合に出場している。磐田に加入した昨季はチーム最多20ゴールを奪って、J1昇格に大きく貢献した。彼が今季も引き続き前線の軸として機能すれば、J2からの昇格組とはいえ磐田の躍進は十分期待できる。

 チームにとっても、ジェイ本人にとっても大きな意味を持つ、記念すべき「J1初ゴール」となった。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ