• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜ鹿島は柴崎岳を求めたのか。チームの矢印を明確にできる存在。「満男さんじゃないけど...」強力なリーダーシップに指揮官も期待

なぜ鹿島は柴崎岳を求めたのか。チームの矢印を明確にできる存在。「満男さんじゃないけど...」強力なリーダーシップに指揮官も期待

カテゴリ:Jリーグ

河治良幸

2023年12月01日

J1王者が醸成する空気感

勝者のメンタリティを体現した小笠原(右)。レジェンドとの共闘は貴重な財産だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 この数年、なかなかタイトルに手が届かない状況で、鹿島のサッカーは古いという言葉が世間で飛び交うようになる。チームの変革を目ざし、なかなか結果が出ないなかで、戦い方のベースを担う監督も、2020年から4シーズンでザーゴ、相馬直樹、レネ・ヴァイラー、岩政大樹と移り変わり、その間に遠藤康や永木亮太、レオ・シルバなど、経験豊富なベテランを含む多くの選手が鹿島を後にした。

 チームのサイクルとして、必要な血の入れ替えは当然あるが、年齢や経験値のバランスを考えても、やや急な印象を受ける入れ替わりであったのは確かだ。

 そうした状況で鹿島が頼ったのは、鈴木優磨、安西幸輝、植田直通、昌子源といった、国内外の異なる環境を経験してきた“鹿島ファミリー”の選手たち。そのラストピースとも言うべき存在が、柴崎だった。

「彼は昔の(小笠原)満男さんじゃないですけど、いろんなものを引き受けるメンタリティを持っている。ピッチ内にそういう選手がいるのは大きいです。どうすればいいのかというのは言語化して、コーチ陣で落として、毎日の練習で求めますけど。

 それを求めたからってできるもんじゃないのが現場の難しさ。それを体現してくれる選手が夏に戻ってきたのは大きいですし、彼に期待しているところはあります」
 
 首位を走っていた神戸との試合で、岩政監督が痛感したのが、ピッチ内での神戸の選手たちの出す覇気や声だった。「サコ(大迫勇也)を中心に出してるんだけど、佐々木とか前川とかも引っ張っていて。あの空気感ですよね。あの空気感を作らないといけない」と岩政監督。

 元チームメイトでもある岩政監督が大迫と話した時に「経験値の差です」と直球の指摘をされたという。それは日本代表で共に戦った酒井高徳が、神戸に与えた影響からも感じたという。

 スタイルを見れば神戸は大迫を中心に、シンプルに高強度を突き詰めることで、ライバルとの違いを出している。現在の鹿島は「決まりきったものに見えないようなチームを作りたい」という岩政監督の言葉通り、簡単に言えば“後出しジャンケン”で相手の逆を狙うような戦術であるため、完成度が上がらないと、上手く行っている時と行き詰まった時の差が激しく出やすい傾向にあるのは確かだ。

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
黄金世代の喜びと苦悩。稀代のテクニシャンは鹿島のリーグ3連覇で全盛期を迎える【本山雅志の生き様:前編】
「一番のライバルは小野? 小笠原?」“黄金世代”本山雅志の回答は?「彼らが引き上げてくれた」
「凄かったもん、掃除機みたい」内田篤人が“ボール奪取”に驚愕したJリーガーは?「全部奪い取れるやん」
「2人の美女!」柴崎岳の女優妻・真野恵里菜さんが投稿した上田綺世のモデル妻との2ショットが反響!「鹿島OBの奥様方。旦那様のW杯の活躍楽しみですね」
「あまり彼はしゃべらない」佐野海舟、堂々の代表デビューの裏にあった“鹿島ファミリーの絆”「優しく話しかけてくれた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ