• トップ
  • ニュース一覧
  • 今の日本はちょっとしたブラジル感がある。個やグループでねじ伏せる。決定力はむしろ世界でトップレベルだ

今の日本はちょっとしたブラジル感がある。個やグループでねじ伏せる。決定力はむしろ世界でトップレベルだ

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2023年09月13日

ブラジルでも優勝できないのがW杯

久保が司令塔のように振る舞うと、ビルドアップは改善。ただプレッシングだけは最後まではまりが悪かった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 しかし、である。そんなわけで日本にとって危険なシーンは多く作られたし、ボールの奪い方が悪いため、森保監督が標榜する「良い守備から良い攻撃」もチームとしては表現できなかった。攻撃へのキレやリズムも失われた。

 それでも、相手のミスを突きつつ、3-0である。前半終了間際に失点したが、3-1でリードしてハーフタイムを迎えた。

 試合内容から見れば不思議なリードだったが、生み出したのは個人の力だ。堂安律とのワンツーから伊藤敦樹が左足ミドルシュート。久保の強烈なブレ球ミドルシュートのこぼれ球を中村敬斗がプッシュ。毎熊の独走からの見事な平行グラウンダークロスと、中村敬の逆取りシュート。そして、最後はイナズマだ。日本の決定力とエリアへの仕掛けが凄まじかった。

 実際、森保ジャパンになってからというものの、日本を「決定力不足」と感じることがほとんどない。むしろ世界でもトップレベルの決定力を誇るチームではないか。それはワールドカップを含め、様々な試合で実感しているが、今回はその武器がファーストチームのみならず、セカンドチームの幾人かにも備わっていることが証明された。
 
 今の日本はちょっとしたブラジル感がある。それほど試合内容が良くなくても、個やグループの局面でねじ伏せ、終わってみれば4得点の大勝。2012年や2014年にブラジルと対戦した親善試合では、日本がそれなりの試合をしながらも、ことごとく決定機を沈められ、結果はどちらも0-4と大敗した。

 今回は2失点した甘さがありつつも、個とグループの局面でトルコのような中堅国をねじ伏せたその姿は、かつて対戦したブラジルを彷彿とさせた。ただし、そうしたブラジルであっても優勝できないのがワールドカップなので、日本もここで立ち止まるわけにはいかないが。

 いずれにせよ、ドイツを相手に世界を驚かせた後、「サプライズではない。スタンダードだ」と世界へ示せたのは大きい。日本代表に対する他国の目が変わった。

取材・文●清水英斗(サッカーライター)

「必要ないんじゃないか」城彰二が2026年W杯アジア予選に“国内組”のススメ!「底上げする意味でも...」

欧州勢が無視できない力を蓄えた森保ジャパン。大舞台で勝つためには今後、斬新な強化構想やロビー外交の後押しも不可欠に

鹿島レジェンド本田泰人が森保Jを採点!|久保こそが10番にふさわしい働きぶり。伊藤洋の2戦連続スタメンは理解に苦しむ【トルコ戦】
【関連記事】
「必要ないんじゃないか」城彰二が2026年W杯アジア予選に“国内組”のススメ!「底上げする意味でも...」
欧州勢が無視できない力を蓄えた森保ジャパン。大舞台で勝つためには今後、斬新な強化構想やロビー外交の後押しも不可欠に
「日本には優れたシステムと戦術がある」トルコの10番チャルハノールが森保Jを激賞!“特に危険だった選手”に挙げたのは?「ごめん、名前は覚えてなくて...」
【日本4-2トルコ|採点&寸評】“控え組”が躍動も、快勝とは言えず。7点台は2人のみ。MOMは迷ったが...
ドイツを窒息させたCBコンビの優秀さがより鮮明に。なぜトルコ戦の後半、森保ジャパンは停滞したのか【コラム】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ