• トップ
  • ニュース一覧
  • 「必要ないんじゃないか」城彰二が2026年W杯アジア予選に“国内組”のススメ!「底上げする意味でも...」

「必要ないんじゃないか」城彰二が2026年W杯アジア予選に“国内組”のススメ!「底上げする意味でも...」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年09月13日

「要所でヨーロッパ組を集めて、完成度を高めていくのが良い」

城氏は次回W杯アジア予選は国内組で臨むべきだという。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 元日本代表FWの城彰二氏が9月13日、自身のYouTubeチャンネルに最新コンテンツを投稿。森保ジャパンのワールドカップ・アジア予選のメンバー選考について語った。

 2026年にアメリカ、メキシコ、カナダの3か国での共催となる次回W杯で、日本は8大会連続の本大会出場を目ざす。アジアの1次予選は免除されていて、11月から来年6月にかけて行なわれる2次予選から登場する。

 次回大会から、出場国数が従来の32から48に増加されて、アジアの枠は“4.5”から“8.5”に拡大。これまでの大会に比べて、ハードルが下がるとも予想される。
【動画】「枠が非常に多くなった」城彰二が森保ジャパンのW杯アジア予選メンバー選考を語る!
 今までにない状況を前に、城氏はW杯予選を国内組で戦うべきだと主張する。

「枠が非常に多くなったので、ヨーロッパ組を呼ぶという部分に関して、僕は必要ないんじゃないかなと思っている。国内組をもう少し底上げする意味でも、国内にも良い選手がたくさんいる。そのなかでの発掘などを駆使しながら、予選を勝ち抜いていって、要所でヨーロッパ組を集めて、完成度を高めていくのが良い」

 森保ジャパンは、10月のカナダ戦とチュニジア戦を経て、W杯アジア2次予選に臨む。初戦は11月16日、ホームでミャンマーとマカオの勝者と相まみえる。どのような顔ぶれで戦うのか、注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

欧州勢が無視できない力を蓄えた森保ジャパン。大舞台で勝つためには今後、斬新な強化構想やロビー外交の後押しも不可欠に

「狂気の沙汰だ!」トルコを4発撃破した森保ジャパンを韓国メディアが激賞!「型破りな布陣にもかかわらず…」

「日本には優れたシステムと戦術がある」トルコの10番チャルハノールが森保Jを激賞!“特に危険だった選手”に挙げたのは?「ごめん、名前は覚えてなくて...」
【関連記事】
欧州勢が無視できない力を蓄えた森保ジャパン。大舞台で勝つためには今後、斬新な強化構想やロビー外交の後押しも不可欠に
「狂気の沙汰だ!」トルコを4発撃破した森保ジャパンを韓国メディアが激賞!「型破りな布陣にもかかわらず…」
「日本には優れたシステムと戦術がある」トルコの10番チャルハノールが森保Jを激賞!“特に危険だった選手”に挙げたのは?「ごめん、名前は覚えてなくて...」
【日本4-2トルコ|採点&寸評】“控え組”が躍動も、快勝とは言えず。7点台は2人のみ。MOMは迷ったが...
【セルジオ越後】勝って当たり前のトルコ戦。ワクワクもしなかった。欧州遠征で連勝も、バスケやラグビーの話題に負けているのも寂しいね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ