• トップ
  • ニュース一覧
  • 欧州勢が無視できない力を蓄えた森保ジャパン。大舞台で勝つためには今後、斬新な強化構想やロビー外交の後押しも不可欠に

欧州勢が無視できない力を蓄えた森保ジャパン。大舞台で勝つためには今後、斬新な強化構想やロビー外交の後押しも不可欠に

カテゴリ:日本代表

加部 究

2023年09月13日

最初の45分間で望外の結果を導き出す

ドイツ戦に続き、トルコ戦も4得点で勝利を手にした森保ジャパン。日本代表の価値をまた一つ高めた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[国際親善試合]日本 4-2 トルコ/9月12日/セゲカ・アレーナ

 欧州遠征での連勝は、日本代表の格好のプロパガンダになった。

 欧州にも南米にも属さず、オセアニアを除けば最弱大陸のリーダーとして、日本は大きなハンディを背負っている。特に欧州勢が大陸内の公式戦でスケジュールを埋め、排他性を強めている現状では、アジアが主戦場の日本が質の高い親善試合を望むのは難しい。

 今後もマッチメイクを優位に進めるためには、日本代表と戦う価値を高めていく必要があり、それには国内でいくら勝っても伝わり難い。

 森保一監督にとってトルコ戦は、カタール・ワールドカップでのコスタリカ戦のリベンジを意味したはずだ。過密日程や温暖化等の状況を考えれば、固定メンバーでビッグトーナメントを勝ち抜くのは難しい。

 5年前のロシアでそれを痛感した指揮官は、大胆にも昨年カタールの本番でターンオーバーを実践し、失敗に終わった。もしスペインに敗れて大会を去るようなことになれば、今、日本代表では別の監督がタクトを取っていたに違いない。
 
 だが強運な指揮官は、1年後に見違えるほど進化した戦力を手にした。ドイツ戦から伊藤洋輝以外スタメン全員を入れ替えたチームは、最初の45分間で望外の結果を導き出す。

 ドイツ戦と比べて日本の滑り出しが出色だったとは言えない。しかし肝心なゴールに関わる局面で効率性を発揮し、一気呵成に3点差をつけた。先制ゴールはトルコを自陣に釘付けにした後、人とボールが流動的に動くなかで生まれた。

 デビュー戦の毎熊晟矢はインサイドにポジションを取り構築に加わると、堂安律が幅を取り、ボランチの伊藤敦樹がサイドへフォローに出て行く。代表経験値の浅いJリーガー2人がスムーズにポゼッションに参加して、最後は伊藤敦が会心のミドル。

 その後、2点を追加したのも代表では新人の部類に入る中村敬斗で、毎熊はオヌル・ブルトのボールを奪い切り完璧なお膳立てをした。今年から加わった新戦力がレギュラー陣を突き上げ競争を煽る。それは理想的な構図と言えた。

【PHOTO】日本代表のトルコ戦出場17選手&監督の採点・寸評。2人が7点台の高評価。MOMは2ゴールの13番
【関連記事】
【日本4-2トルコ|採点&寸評】“控え組”が躍動も、快勝とは言えず。7点台は2人のみ。MOMは迷ったが...
「日本には優れたシステムと戦術がある」トルコの10番チャルハノールが森保Jを激賞!“特に危険だった選手”に挙げたのは?「ごめん、名前は覚えてなくて...」
「日本は主力ではなくても、本当にレベルが高い」トルコの有名ジャーナリストに直撃!森保Jの印象は?「特に素晴らしかったのが15番と...」【現地発】
「先発10人変えても4ゴールの火力ショー」韓国メディアが森保Jの得点力や選手層に注目!「欧州遠征で楽に勝った」
「ワールドカップ優勝は妄想ではない!」ドイツ&トルコを連破した日本代表に中国メディアがますます熱狂!「真の勝者だけが有するものだ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ