【現地発レポート】中国リーグに選手&監督を「爆買い」されたブラジルのクラブが、まさかの行動に…

カテゴリ:移籍情報

沢田啓明

2016年01月29日

南米選手の大量流入はブラジルにとって諸刃の剣だ。

ブラジル・リーグにおける南米選手のパイオニアとなったコンカ。2009年から2年連続で国内リーグMVPに輝き、2010年にはフルミネンセをブラジル王者に導いた。そんなアルゼンチ人MFも現在は上海上港に所属する……。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ブラジルのクラブが南米出身者を多く獲得するようになったのは2000年代後半から。2008年にフルミネンセがアルゼンチン人のMFダリオ・コンカ(現・上海上港)、インテルナシオナウが元アルゼンチン代表のMFアンドレス・ダレッサンドロを獲得すると、いずれもすぐにチームに馴染み、主力として活躍した。
 
 ブラジルは南米で最も年俸が高いうえ、他の南米諸国と言語、文化、習慣、そしてプレースタイルが近い。南米選手にとっては適応が容易で、いわば「エル・ドラード(黄金郷)」だ。一方で、ブラジルのクラブにとっては能力の高い選手を比較的安価に調達できる――。完全に「ウィン-ウィン」の関係だ。
 
 コンカとダレッサンドロの成功以来、選手育成の停滞と相まって、ブラジルのクラブはこぞって南米選手を買い求めるようになった。当時は同時に起用できる外国人選手は3人までだったが、2014年には5人に増加。さらに、有力選手が立て続けに中国クラブに引き抜かれたここ1、2年は、南米選手の数が右肩上がりに増えている。
 
 1月下旬現在、ブラジル1部リーグ(20チーム)に外国人選手は43人おり、そのうち42人が南米選手。国別の内訳は、アルゼンチンが18人で最も多く、以下、コロンビアが8人、パラグアイが5人、ウルグアイとチリが3人ずつ、エクアドルとボリビアが2人ずつで、ペルーが1人となっている。
 
 だだ、選手育成を御座なりにして安易に南米選手を買い漁るのは、ブラジル・サッカーの地盤沈下を助長しかねない。南米選手の大量流入はブラジルにとって、いわば諸刃の剣と言っていいだろう。
 
文:沢田啓明
【関連記事】
【ブラジル発レポート】高待遇以外に得はなし!? 中国の“爆買い”に悩むセレソン…
【移籍専門記者コラム】ナニにも中国から巨額オファー。ジェルビーニョと強力な両翼を形成!?
【移籍専門記者コラム】中国の「爆買い」が止まらない。欧州に数々のビッグオファーを送る
【移籍専門記者】ワトフォードの得点源イガロ。モウリーニョが監督就任ならマンチェスター・Uが獲得に本腰か
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「冬のメルカートで香川にとって強力ライバルが到来⁉」
【欧州冬のメルカート】現地1月28日に決定した主な移籍|ラノッキアがサンプドリア、ボッリエッロがアタランタへ。話題の中国は超破格待遇でエムビアを迎え入れる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ