【リオ五輪予選】久保、鈴木、浅野超えを目指して。FW陣の最年少・オナイウ阿道が見据える高み

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月18日

U-19時代の悔しさを晴らすために。

タイ戦では、高い身体能力を披露。打点の高いヘッドでゴールを狙った。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 オナイウは高校時代まで代表と無縁の道を歩んで来た。それが一昨年の9月、U-20ワールドカップの出場権を懸けたU-19アジア選手権にサプライズ招集を受けた。

 しかし、チームは準々決勝で北朝鮮に敗れ、世界への切符を逃し、その試合で先発を務めたオナイウは前半だけで交代を命じられる悔しさを味わった。
 
「あの時と比べれば自分に求められているプレーを明確にできるようになってきた」
 
 忘れられないミャンマーでの大会から確かな成長は見せている。
 
 すでにグループリーグの1位突破を決めている日本は第3戦(1月19日)でサウジアラビアと対戦するが、オナイウが先発する可能性は高い。
 
「もっと強引にシュートに持って行ける回数を増やしたい」と、サウジ戦へ静かな闘志を燃やす。鈴木、久保、浅野と実績十分の先輩たちの間に割って入るのは簡単ではない。ただ、そのポテンシャルは随一と言える。
 
 U-19代表では、なにもできないまま大会を去ったが、同じ悔しさを味わうわけにはいかない。あの時のリベンジ、そしてより頼れるストライカーになるために、オナイウは虎視眈々とゴールを目指す。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ