【リオ五輪予選】久保、鈴木、浅野超えを目指して。FW陣の最年少・オナイウ阿道が見据える高み

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月18日

後半から出場したタイ戦では存在感を発揮。

FW最年少のオナイウ。鈴木や久保のゴールに刺激を受けていた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「(鈴木)武蔵くんや久保くんが点を取ったので自分も取りたかった」
 
 16日のタイ戦の翌日、試合をそう振り返ったのは、手倉森ジャパンのFW陣で最も若いオナイウだ。タイ戦では後半開始からピッチに登場し、直後の49分には最終ラインの裏に抜け出し、チームの2点目に絡んだ。

 本人は「緊張は特にしなかった。相手とのコンタクトだったり、ボールをキープの部分ではある程度できたかなと思う」と笑顔を見せる。

 元々、手倉森監督はタイ戦でオナイウを先発起用する考えがあったという。

「(オナイウ)阿道はスタメンで考えていたが、サブにした。それは試合前日の練習でフィットしなかったから。ただ、その日の夜に少し発破をかけて、(鈴木)武蔵に代えて半分くらいやらせられればと思っていた。高い身体能力を十分に発揮してくれた。細かいところの技術を高められれば、彼にももっとチャンスが来るのかなと思う」

 試合前日の発破というのは、具体的にどういった内容だったのか。本人に聞くと、「もっと積極的に自分のプレーをしていけと言われた。それは意識しなくてはいけない部分だと感じた」と答える。

 タイ戦を見る限りでは自らボールを呼び込み、果敢に勝負を仕掛けた。手倉森監督のアドバイスは効いていたように感じる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ