【サッカーダイジェストの視点】グループ首位通過が決定! 競争煽る手倉森流マネジメントが好循環を生む

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月17日

2連勝も相手に恵まれた感も。

浅野は裏への飛び出しでチャンスを演出するもノーゴールに。交代時の悔しい表情が印象的だった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ただ一方で、選手が数人入れ替わるなか、安定した試合運びができているかと問われれば、大きな疑問符が付く。「他の相手だったらやられている部分はあった」とは北朝鮮戦後の植田の言葉だが、タイ戦ではやや不運な判定もPKを献上するなど、決してピンチがなかったわけではなく、主導権を奪われそうになった時間帯もあった。
 
 北朝鮮戦の反省から「この前は少し下がり過ぎてチャンスを作られたので、今日は良いラインコントロールができた」(岩波)と、全体が下がりすぎることはなかったが、タイの高い個人技をベースにした素早い攻撃に手を焼いたのは事実だ。
 
 正直、植田が言うとおり、対戦相手が北朝鮮やタイでなければ、この2戦で失点を喫していた可能性は大いにあっただろう。決勝トーナメントで対戦する相手はこの2か国より優れたフィニッシュ力を有しているのは間違いないと見ていい。
 
 チームとして良い流れはできている。しかし、現状をよりシビアに考え、守備の意識をさらに高めなければ、リオ五輪出場権の獲得は覚束ない。
 
 決勝トーナメント1回戦(準々決勝)で当たる相手は、おそらくイランとなる可能性が高い。屈強なフィジカルを持つ、日本にとっては厄介極まりない相手だ。次戦のサウジアラビア戦はこの準々決勝を見据えつつも、まずは3試合連続無失点というたしかな結果を得て、自信を深めてほしい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ