• トップ
  • ニュース一覧
  • 【リオ五輪予選】タイ戦での“デビュー”を待ち望む浅野拓磨。「出場したら得点を取る自信はある」

【リオ五輪予選】タイ戦での“デビュー”を待ち望む浅野拓磨。「出場したら得点を取る自信はある」

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月15日

積極的に前に出るタイ戦では持ち前のスピードを活かせるはず。

報道陣の質問にも笑顔で応じる。コンディションは良好で、爆発の予感が漂う。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 16日に控えた第2戦のタイ戦では、浅野に出番が回ってくる可能性が非常に高い。
 
 タイに関するイメージはできている。
 
「相手はイケイケでくると思うし、前から来れば僕の特長であるスピードを活かせる場面は生まれるはず。裏のスペースなど、常に集中して隙をつきたい」
 
 タイは小回りが利く前線の選手たちを軸に積極的に仕掛けてくるチームだという。前へ出てくる分、裏のスペースも空きやすい。そこに浅野が走り込んで、ゴールへ直進する――、そんな展開を描くことができる。
 
 ちなみに練習当日には広島から新シーズン、浅野が10番を付けることが発表された。新たな背番号に対しては「伝統のある番号に恥じないようなプレーをしたい」と気を引き締めつつ、「背番号の数だけゴールを奪えれば良い」と目標を語る。
 
 そして「こっち(U-23日本代表)では16番なので、その背番号ぐらい狙いたい(笑)」と、高い目標を設定する。いまだベールに包まれた日本の秘密兵器は、ライバルたちを驚かす活躍を虎視眈々と狙う。そのデビューの時を楽しみに待ちたい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【リオ五輪予選】パターンは残り8つ!? リオへの鍵を握る“手倉森ジャパン”のセットプレー
【日本 1-0 北朝鮮|採点&寸評】決勝弾の植田がMOM。正確なCKでアシストした山中の貢献も大だった
【リオ五輪予選】北朝鮮戦・エリア別検証|守備陣の粘り強さが勝利の原動力に。次戦では攻撃面の進化が問われる
【クラブW杯】浅野拓磨が広島の主軸となるために必要なもの――。リーベル戦で見えたヒントは「ボールを呼び込む力」
【クラブW杯】初の世界大会で待望のゴール。浅野拓磨を突き動かす戦友への想いと成長への渇望

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ