【日本 1-0 北朝鮮|採点&寸評】決勝弾の植田がMOM。正確なCKでアシストした山中の貢献も大だった

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月14日

キャプテンの遠藤は中盤の“重し”としてチームを力強く支えた。

【警告】日本=大島(30分) 北朝鮮=リ・イルジン(22分)、キム・チョルボム(79分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】植田直通(日本)

画像を見る

[MF]
3 遠藤 航 6

インフルエンザでの調整不足により先発落ちも予想されたが、不安をかき消す出来。中盤の“重し”としてチームを力強く支えた。

8 大島僚太 6
高い守備意識を持ち、遠藤との“鉄板コンビ”で最終ラインの前に防波堤を築く。左右に的確に散らすパスも効いていた。
 
10 中島翔哉 6
右サイドが攻撃の中心だったため、前半はそこまで目立たなかった。だが、後半にはギアチェンジして、いくつかチャンスに絡んだ。ドリブルのキレは悪くなかった。

18 南野拓実 6
「チームの勝利が一番」。そう語っていたとおり、チームのために走り回った。右サイドでの室屋とのコンビネーションもまずまずだった。

[FW]
9 鈴木武蔵 6

肉弾戦を厭わずに最前線でファイトした。攻め込まれる時間帯が多かった後半はカウンターの先導役として機能。馬力のあるドリブル突破は見応え十分だった。

11 久保裕也 5.5
2トップを組んだ鈴木より少し低い位置を取り、組み立てに参加。攻撃のリズムを生み出した。ただ、前半終了間際と54分に迎えた決定機は決めたかった。
 
交代出場
MF
21 矢島慎也 5.5

交代直後にカウンターのチャンスでボールをロストするなど、やや固さが見られた。その後は的確にパスをつなぎ、周囲を活かしたが、及第点には届かなかった印象だ。
 
MF
7 原川 力 -

正確なプレースキックで追加点を狙った。中盤の守備でも決して退かずにプレッシャーをかけた。

MF
14 豊川雄太 -

後半のアディショナルタイムに入る直前に久保との交代でピッチへ。果敢にボールを追い、相手DFにロングボールを蹴らせなかった。

監督
手倉森誠 6.5

入念に準備したCKが結実する。後半は北朝鮮の圧力を撥ね返す手は見せられなかったが、初戦で勝点3を奪えたのはなにより大きい。

取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 

ポストに当たってしまった後半のシュートは惜しかった。ゴールさえ奪えれば、久保は波に乗りそうな気配がある。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ