【選手権代表校】秋田商|集大成の陣容で史上最多41回目の全国へ挑む!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2015年10月30日

雷雨により中止、順延と異例の展開となった決勝を制し、史上最多41回目の全国へ。

独特なプレースタイルでゲームを支配する司令塔の山本隼(3年)。攻撃力の高さが今年の売りだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 期待どおり、アタッカー陣がバリエーションある攻撃を仕掛けられるようになった。とりわけ両サイドは破壊力抜群。右は「ボールをしっかりと奪ってくれるし、奪ってからもトップギアで前に出てくれる」と小林監督が目を細めたように、青山が持ち前の運動量を駆使して、激しいアップダウンを繰り返し、起点を作り出す。左はSBの高橋渓允が、スピードと突破力を駆使し、果敢に上がって来ることで、加賀谷が中に入って勝負できるようになった。
 
 今夏のインターハイでは、予選こそ制したものの、本戦では初戦で岐阜工に1-3で敗れた。「守備面をもっと向上させないといけない」と、小林監督はCBだった石川巧を右SBに、右SBだった東海林翔をCBにコンバートした。
 
 秋田県予選では高い連動性を見せた。決勝の西目戦では、前半30分11秒で激しい雷雨と風により試合中止になるというアクシデントが起こり、翌々日の10月26日に30分11秒から試合が再開されるという、異例の展開となったが、再開後も冷静にプレーした。
 
 後半は相手にペースを譲ることなく、青山のラストパスから菅原晟が決勝ゴールを決め、史上最多となる選手権出場を果たした。
 
「秋田商という伝統あるチームで、これまで引き継がれてきたものを守りながらも、自分のやりたいことを出す。あまり意識しすぎると、自分のやりたいことが出せなくなるので、あくまで今いる選手たちの長所を活かすサッカーをぶれずにやっていきたい」
 
 親友である長谷川前監督からの思いを引き継ぎながら、就任2年目の小林監督の信念が全国で花開くように。攻撃的なスタイルを携えて41回目の全国に挑む。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
【関連記事】
【選手権代表校】青森山田|屈辱の敗戦バネにプレミアEASTで快進撃! 悲願の全国優勝を目指す『東北の雄』
【選手権予選|代表校一覧】雷雨順延で前半30分から再開の秋田決勝は秋田商が制し2年ぶり41回目の出場!
【高校選手権予選】札幌大谷が2年ぶり出場! 浦和入りの伊藤擁する岡山作陽は決勝へ
【U-18プレミアリーグ】劇的勝利の連続で青森山田がEAST首位に! 千葉ダービー制した市立船橋にも勢い
【U-18プレミアリーグ】WEST残り3試合で東福岡が首位に急接近! G大阪ユースは逃げ切れるか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ