【U-22日本代表】遅れてきた“ニューフェイス”――川辺駿が描くレギュラー奪取への青写真

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年10月28日

「ずっとここ(U-22代表)に来たかった。もっとクオリティを発揮しないといけない」

積極的なコミュニケーションが実り、初招集の京都合宿に比べてスムーズにプレーできたと話す。“自分の意志”を持っている点も好印象を受けた。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もっとも、チームコンセプトは大事にしつつも、時には柔軟な対応も必要だと理解している。特に、U-22代表は福岡大戦を含めた直近の実戦3試合でわずか1点しか取れていないだけに、“固定概念”に縛られるつもりはないようだ。
 
「チームのやり方はあるけど、最後のペナ付近では自分の判断とアイデア次第だと思う。シュートを打てるならシュートが一番だし、キックフェイントをして相手が食いついてきたらDFの後ろに走った選手を使うとか。選手の組み合わせでいろいろ持ち味を出せればいいし、最後の部分ではもっと自分たちが好きなようにプレーしてもいいと思う。
 
 僕自身に関して言えば、ルックアップした時にどれだけ周りが反応してくれるかが、点を取れるかどうかのポイントだと思う。いろんな人が反応すればそのぶん、パスコースが生まれて、選択肢が広がるので。自分から『ここに来い』というパスを練習からどんどん出していければ、周りともどんどん合っていくかなと」
 
 ボランチのポジションはキャプテンの遠藤を筆頭に、大島(福岡大戦は登録外)、喜田、原川、井手口らタレントが揃っており、リオ五輪アジア最終予選のメンバー入りは熾烈を極める。とはいえ、ようやく掴んだアピールのチャンスを無駄にする気は毛頭ない。
 
「ずっとここ(U-22代表)に来たかった。でも、自分はまだ2回目でアピールが必要な立場。ボールを多く触るポジションだからこそ、もっとクオリティを発揮しないといけないし、それができればこのチームの中心になれると思う」
 
 力強い口調と明確なビジョン、なにより“自分の意志”を持っている川辺は、「大人しい」と言われるチームの起爆剤となり得る。遅れてきた新戦力のアピールはまだまだ続く。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
 
 
PROFILE
かわべ・はやお/1995年9月8日生まれ、広島県出身。178センチ・70キロ。広島高陽FC―広島Jrユース―広島ユース―広島―磐田。今季通算29試合・2得点、J1通算4試合・0得点、J2通算29試合・2得点(38節終了時)。高い技術を巧みに操り、パスで局面を打開する。14年には関根貴大らとともに中心選手としてU-19アジア選手権を戦った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ