赤い悪魔を牽引する若きドリブラー、マルシアルの凄さとは――フィジカル的側面から徹底解剖!

カテゴリ:メガクラブ

澤山大輔

2015年10月23日

ピンボールのようなボディーコントロール。

フィジカルコンタクトが激しいプレミアリーグでも結果を残しているマルシアル。“脱力”がそうしたなかでのプレーを可能にしていると身体の専門家は語る。 (C) Getty Images

画像を見る

■コンタクトの巧みさ
 また、ドリブルの最中に相手からチャージを受けても踏ん張らず、再びスピードに乗ってドリブルするまでのコーディネーション能力が非常に高いですね。
 
 相手のコンタクトに対しあえて弾かれることで、ピンボールのようにボディーコントロールをしているように見えます。これは、コンタクト時に十分に脱力ができているからです。相手の力を、次の動作にうまく利用している感じがしますね。
 
 脱力といっても、ただ単に力を抜けばいいというものではありません。カギとなるのは、姿勢です。マルシアルのそれを見ると、腰から背中のあたりがしっかりと立って、反っていることがわかります。ここが丸まってしまうと、コンタクトされたときに踏ん張りやすくなってしまうのです。
 
 腰から背中のラインが立つことで脱力が可能になり、さらに踏ん張らないことで、ぶつけられたエネルギーを次の動きにつなげています。リバランス、重心コントロールが非常に巧みな選手だとい言えるでしょう。
 
分析:川端翔太
取材・文:澤山大輔
 
【分析者プロフィール】
川端翔太(かわばた・しょうた)
1987年2月26日、神奈川県出身。フィジカリズム所属、アスレティックトレーナー。「からだまるごと一つに考える」を合言葉に、従来の固める・鍛えるというトレーニングではなく、しなやかで踏ん張らない人間本来の力を引き出すトレーニングを行なう。競技問わず必要な動作を伝えることができるため、日夜さまざまな種目の選手を担当している。トレーニング依頼はこちらから

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ