【清水】降格を招いた要因は、修正力と判断力の欠如だ

カテゴリ:Jリーグ

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年10月17日

「噛み合わなかった。個々でなんとかできるほど、優れた選手はウチにはいない」(角田)

敗戦を受け止め、顔を覆う大前。とりわけロングボールの多かった前半は上手く崩しに絡めず、後半のシュートも枠を捉えられなかった。写真:田中研治

画像を見る

 もっとも、清水の問題点はプレーの質だけに止まらない。なにより指摘したいのは、修正力と判断力の低さだ。相手がいるサッカーというスポーツにおいて、とりわけ求められるのは状況に合わせた的確な判断である。
 
 上手く行かない時間帯は、どんなチームにも必ずやってくる。そこでどれだけ耐え、流れを再度引き寄せるか。強いチームはディテールの微調整を繰り返し、勝ち切る術を持っている。しかし、清水にはそれがない。
 
 攻撃では、感覚に任せるように自分のタイミングでパスを出し、当然のように周囲と噛み合わない。守備でも対面する相手にはしつこく当たるが、連動して追い込むようなボールの奪い方は見られない。チームとしての約束事のなさが各自の立ち返る場所をなくし、修正をさらに困難にしているようにも感じる。
 
 角田は言う。
 
「噛み合わなかった。個々でなんとかできるほど、優れた選手はウチにはいない。しかも、選手が活き活きとプレーできていない」
 
 この言葉がすべてだろう。個々の力不足と、チームとしてのまとまりのなさ。負けるべくして負け、降格するべくして降格したのだ。
 
 今季残りの3試合は、当然ながら「プロとして最後まで戦う」(田坂監督)ことが求められる。J2に落ちても、1年で復帰できる――。そう思わせるなにかを期待したい。
 
取材・文:増山直樹(本誌編集部)
【関連記事】
【浦和】G大阪戦後の“ある質問”に阿部勇樹が激怒。「正直、頭に来た」
【J1採点&寸評】清水×仙台|一人ひとりの頑張りがチームに還元されない清水。最後まで噛み合わずJ2降格が決定。
【J1速報】王国・清水のクラブ史上初のJ2降格が決定。新潟が残留へ大きく近付く1勝を挙げる
【J1速報】守護神・山岸の再三の好セーブも生かせず、山形が残留へ致命的な敗戦…
【G大阪】J1通算500試合出場の遠藤保仁が「楢崎越え」を誓う。「フリューゲルス時代の先輩に負けないように頑張る」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ